日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 誘惑旅行
キゲキユウワクリョコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年02月05日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

マニラ、マラカニアン宮殿、聖オーガスチン教会など常夏の国フィリピン諸島を舞台にした“旅行”シリーズ第九作目。脚本は「喜劇 頑張らなくっちゃ!」の下飯坂菊馬と「開運旅行」の瀬川昌治。監督瀬川昌治。撮影は「喜劇 頑張らなくっちゃ!」の丸山恵司がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
樋口清
脚本
下飯坂菊馬瀬川昌治
監督
瀬川昌治
撮影
丸山恵司
音楽
いずみたく
美術
熊谷正雄
録音
平松時夫
照明
佐久間丈彦
スチール
金田正
編集
太田和夫
助監督
増田彬

ストーリー

“ひかり号”の専務車掌である大沢泰三は、クイズに強い妻弘子の奮戦でフィリッピン旅行付きのアベック・クイズ番組に優勝した。弘子の弟の隆や同僚たちに祝福され意気揚々と家に帰った泰三は、ドル・ショックの為、スポンサーの都合で招待されるのは弘子一人だけになったと聞かされガックリくるが、突然フィリッピン航空のスチュワーデス、マリが訪れ、弘子が、羽田ーマニラ、ラインの開設十万人目の客となったので、夫婦を一週間のフィリッピンツアーに招待が決ったと告げる。初めての飛行機旅行でウキウキ、ソワソワする二人。やがてマニラ空港へ着くと、クイズ番組のスポンサー日南商事のマニラ駐在員三宅が出迎える。三宅は、招待者は一人だけだからと弘子だけをつれて去り、残された泰三は、機内で知りあったデザイナーの卵の清美を弘子の身替りにして、マリの案内で市内見物にでかけた。その夜、弘子が決められたスケジュールに従って三宅とホテルを出たあと、泰三と清美は夜の街へとくりだした。一方、三宅と一緒の弘子は、クラブで泰三そっくりのフィリピン人アポカバーナに会った。彼は弘子を情熱的に別荘に誘った。泰三と弘子は次の日それぞれ口実をつくって旅先のアバンチュールに胸をときめかせ、アポカバーナの別荘へおもむいた。泰三は清美がアポカバーナの別荘で開かれるファッションショーに招待されていたのでそれについていったのだ。ちゃっかり屋の清美は次第に熱くなってくる泰三を適当にあしらいながら、三宅と親しくなっていった。弘子とマリ、泰三と清美、そして三宅と二組に分れてそれぞれ見物していたが一同はミンダナオ島にある波止場からモロ族の部遂に連れてゆかれ変った歓迎を受けた。弘子は酋長アポカバーナの情熱的な歓迎から、マリの機転で危くのがれ、泰三も酋長の第一夫人の歓待に恐れをなして逃げだした。彼らはモロ族の風習には従えなかった。珍道中の連続ではあったが、とにかく無事一週間が過ぎた。しこたま土産を買い込んだ泰三と弘子がマニラを出発しようとするとき、三宅と清美が仲良く見送りにきていた。三宅は来月東京へ転勤するので、清美と結婚し一緒に帰ると聞くとショックで土産を落とす泰三。アポカバーナが花束を抱えて駈けつけた。やがて、泰三と弘子を乗せた飛行機は澄み渡った大空へ飛び立った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。