日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女高生レポート 花ひらく夕子
ジョコウセイレポートハナヒラクユウコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1971年12月28日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
73分  


スタッフ

企画
伊地智啓
脚本
新関次郎
監督
近藤幸彦

ストーリー

期末試珍から解放された成宮夕子と、そのボーイフレンドの見上淳一は海岸へドライブした。海辺を走りまわる二人がそこで見たものは、砂丘のかげに隠れた裸体の男女だった。夕子と淳一はどちらともなく抱き合あうが、うまくいかなかった。二人には性の神秘と未経験者のとまといが残った。自宅に戻った夕子は秘かにセックスの本を読みふける。それから数日後、画廊を営む父修平は絵の買いつけのため、フランスに立った。その帰り道母のしのぶからの進めで夕子と淳一は食事をするためレストランに寄った。自分の躰に不満を覚える夕子は、淳一の言葉も聞かずワインを飲みほす。雨の降る中を正体を失った夕子を家まで送った淳一はしのぶに誘惑され関係を結んでしまう。密会を重ねる二人の関係も、やがて夕子に目撃されてしまう。自暴自棄になって家を飛びだした夕子を懸命に捜す淳一の姿を見たしのぶは、自らを恥じ二人の前から姿を消した。翌日、太陽がさんさんとふりそそぐ海辺に楽しそうに遊ぶ夕子と淳一の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。