日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋狂い
コイグルイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1971年12月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
74分  


スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
小早川純
監督
加藤彰

ストーリー

矢島は四十日の航海を無事終えて妻火奈子の待つ桟橋へとおり立ったが、そこには火奈子の姿はなかった。久しぶりの再会を楽しみにしていた矢島の胸に不吉な影がしのび寄った。アパートにも彼女の姿はなく、描きかけのキャンパスがおかれてあるだけだった。矢島は火奈子の行方を知るために行動を開始した。火奈子のメモから産婦人科を当ったが、十日程前その産婦人科を訪れ、想像妊娠であると診断されてがっかりして帰ったという。その頃、火奈子は、偶然入った映画館で痴漢にあい、その帰り道、ダンプカーの運転手にいどまれ、意志とは逆に肉体をゆだねた。夫への誓いがもろくもくずれてしまった火奈子は、肉欲の命ずるまま男をあさり続けた。これは、火奈子に婚約者矢島を奪われた姉美代子の復讐でもあった。美代子は、火奈子を矢島から遠ざけるため言葉たくみに中国人夫婦劉にセックスの奴隷として売り渡してしまった。火奈子は一日も早く矢島に逢いたいという気持を抑えることができず、シンガポールに行くという劉夫人を信じて旅立った。一方、矢島はアパートを訪れた美代子からすべてを知らされ、火奈子を追ってシンガポールに立つ決心をした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。