日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

穴場あらし
アナバアラシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年10月16日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

札びらを切って豪遊する土地成金の跡取り息子と三人娘の行動をコミカルに描く。脚本は「ガメラ対深海怪獣ジグラ」の高橋二三。監督は「秘録長崎おんな牢」の太田昭和。撮影は「新女賭博師 壷ぐれ肌」の梶谷俊男がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
斎藤米二郎
脚本
高橋二三
監督
太田昭和
撮影
梶谷俊男
音楽
菊池俊輔
美術
太田誠一
録音
大谷巖
照明
伊藤貞一
スチル
松岡秀昌
編集
山田弘
助監督
鍋井敏宏

ストーリー

悦子、ひろみ、アキは抜群の行動力を持った現代娘たち。土地成金のドラ息子太一が湯水のごとく札びらを切ってイバリかえるのを見て頭にきた。今はまさにポルノ時代、女性の武器をフルに発揮して大いに男たちをムシってやろうと決心し実行にとりかかった。最初のカモはドラ息子。イカサマ賭博で百万円を巻き上げ、スポーツカーまで無断拝借。いっぱいかけられたと知った太一は、スピード違反に目の色を変えた白バイ佐々木巡査とともに後を追っかけた。そんなこととは知らない三人娘、芸者姿でA温泉に現われ、三人の湯治客を手玉に取ったのを皮切りに、ホテルの支配人にわたりをつけ、農協団体客相手に、スタミナ料理、ヌード観賞、夜這いとセックス・フルコースを開設したが、婦人警官に感づかれテンヤワンヤの大騒動、そこに、追いついた太一、佐々木巡査も入り乱れたからたまらない。ほうほうの態でB温泉へ。そこでも、空手、柔剣道、ナギナタ合わせて十二段という女大親分鬼首虎五郎に追い払われC温泉へと向った。ここではお土産屋売春という珍商売の情報を仕入れ、早速、先輩店員笑子のセックス講習を受けた。アキに客がついた。しかし、彼女をホテルで待っていたのは虎五郎親分、たちまち縛り上げられ、痛めつけられてしまった。急を聞いた悦子、ひろみはダイナマイト片手に暴れ込んだ。アキは無事救いだされ、三人娘はどこへともなく旅にでた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。