日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 命のお値段
キゲキイノチノオネダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年07月24日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

交通戦争、医療制度の矛盾・不信、そして食品にまでも公害がおよんでいる現代日本をコミカルに描く諷刺喜劇。脚本は「喜劇 あゝ軍歌」の満友敬司。監督は脚本も執筆している「喜劇 昨日の敵は今日も敵」の前田陽一。撮影は「愛と死」の竹村博がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
織田明
脚本
前田陽一満友敬司
監督
前田陽一
撮影
竹村博
音楽
山本直純
美術
佐藤公信
録音
中村寛
照明
中川孝一
スチール
金田正
編集
杉原よ志
助監督
佐光曠

ストーリー

刑期を終えて出所した福田清造と加東一郎は、、四十に達しようとする自分達の年齢を考え、まともな仕事につこうと別れることになった。それから一年後、東京港で荷役作業をしている労働者の中に清造がいた。彼は、急病人がでると医者のように手馴れた仕草で病人を治し、小金をためて故郷の緑ケ島へ両親の墓をたてようと帰ってきた。無医島であるこの島の娘を救ったことから彼は名医として扱われるようになったが、驚ろいたことに、一郎も偶然この島にきていたのだった。早速二人は東京へ帰り、一郎が偽造した医者の免状で、廃業寸前の後藤医院を訪れ、大学の医学部に在席しながら医者はいやだという息子の明夫、しっかり屋のおばあさんとめ、看護婦の弘子をまんまとだまして住み込んだ。やがて、はらはらするような診察が始まった。ところが、救急車で運ばれてきた医師会会長五十嵐の手術に成功してから病院は急に繁昌しだした。そんなある日、清造は人気女優真田ユリを始め、お尻がかゆいと訴える人が多いのに気付き、原因は近くの川上食品が怪しいと怪んだ。数日後、五十嵐の世話で美人女医由美子と見合いした清造はすっかり彼女が気に入ってしまった。由美子も、公害ともいうべきカユイカユイ病に対する彼の熱意に感心し、応援した。しかし、清造の行きつけのバー「サイレンス」のママ信子は、そのことを知ると悲しんだ。彼女は、営業上口が不自由な振りで通していたが「君の病気を直してあげたい」と、親切にしてくれる清造を愛し始めていたのだ。一方、一郎は調理師の免状を利用して川上食品へコックとして勤めはじめた。川上は、昔二人を騙して苦境に陥し入れた憎むべき人物で、金で会社への批判を封じ込めようとしたが、二人は断わった。医師会の連中も、厚生省の役人も、清澄に協力しなかったが、彼は正義感に燃え、自らインスタント食品を食って実験台となって頑張った。そんな時、清造は、全てを調べた由美子から縁談を断わられてしまい、その上、手遅れの患者を死なせてしまって梢然とする。そんな清造を慰めるのは信子だった。清造と一郎は、この仕事もそろそろ汐どきだと考え、そして、島に帰って今度こそ真面目にやろうと決心したものの、川上食品の社長に対して怒りが治まらず、行きがけの駄賃に、食品会社に赤痢を発生させて、社長を脅迫しようと計画、一郎をおとりにして大金をまきあげた。清造は信子を連れ、一郎と一緒に緑ケ島へ帰ってきた。ワクワクして船から降りた三人の前に現われたのは刑事だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。