日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

モナリザお京
モナリザオキョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年06月23日 
製作会社
大映東京 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「いそぎんちゃく」「でんきくらげ」シリーズの渥美マリ主演の新シリーズ第一作。原作は「ヤングレディ」に連載の棚下照生の同名劇画。脚本は「可愛い悪魔 いいものあげる」の安本莞二と工藤裕弘。監督は、これが昇進第一作の石井岩太郎。撮影は「高校生心中 純愛」の喜多崎晃がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
神吉虎吉
原作
棚下照生
脚本
安本莞二工藤裕弘
監督
石井岩太郎
撮影
喜多崎晃
音楽
伊部晴美
美術
後藤岱二郎
録音
高橋温生
照明
渡辺長治
スチル
大葉博一
編集
中静達治
助監督
程原武

ストーリー

東京の超高層ホテルの一室に単身アジトをかまえるお京は、どこから見ても金をもてあましている御令嬢としか見えなかったが、実はここ数年来美人スリお京の本性を知り、スリの現場を押さえようと執拗に後を追う停年前の老刑事デカヒゲに狙われていた。初夏のある日、お京はリスボンで盗まれた時価数億円のブローチ“海の星”が日本にあることを知ると、新たな行動へと泳ぎ出した。赤坂の「リド」に立ち寄ったお京は“海の星”を追ってフランスからやってきたという自称宝石探偵、青柳健一と知り合った。翌日、大阪天王寺のガチャ子から日本一の美人スリの座をめぐって決闘を申し込まれた。“海の星”追求に忙しいお京はそれどころではなかったが、大さわぎするガチャ子とやむなくバスの中でハンカチのスリ競争をし、敗れたガチャ子は今度は弟子にとまとわりついてきた。かねてから内偵していた「リド」の秘密賭場に踏み込み、Xという怪人物につきまとう宝石ブローカー和田、その和田に指図する支配人田村の懐から抜きとったメモから、お京は“海の星”を盗んだのはXで、それを競売にかけようとする田村、和田の暗躍を知った。一方、別のルートから“海の星”を追う健一は、国際ギャング団の男に追われ、逃げ込んだホテルで偶然お京と再会した。健一の口から、すでにXは殺され“海の星”は田村と和田の手にあることを聞いたお京は健一が世界一の宝石盗賊“影”であることを見抜いた。早速、お京はかつてのスリの親分、今は贋物造りの老人に“海の星”の二つの贋物を造ってもらった。そして田村と和田の主催する秘密競売に参加するためにお京は宝石をスリまくった。その時、お京の手をデカヒゲが押さえた。快心の笑いを浮かべるデカヒゲに、お京は三日間だけの時間をもらい、自首を約束した。いよいよオークションの当夜、厳重な見張りの網をくぐって潜入した健一とお京は、それぞれの秘術をつくして最後の競売品“海の星”に近づいていった。真暗になった会場は大混乱。波止場に逃げ切ったお京の手に“海の星”が輝いていた。その背後から近づいた健一は脱帽した。「でもあなたは泥棒の天才よ、だって私の心を盗んだんだもの……」激しく求め合うお京と健一。だが、夜が明ければ、デカヒゲと約束した自首の日がこようとしていたのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。