日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

君は海を見たか
キミハウミヲミタカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年05月05日 
製作会社
大映東京 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

テレビで放映された同名作品の映画化。原作・脚本は「昭和元禄 TOKYO196X年」以来、映画から遠ざかっていた倉本聰。監督は「太陽は見た」の井上芳夫。撮影は「タリラリラン高校生」の中川芳久がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
久保寺生郎
原作
倉本聰
脚本
倉本聰
監督
井上芳夫
撮影
中川芳久
音楽
池野成
美術
間野重雄
録音
須田武雄
照明
上原正一
編集
中静達
助監督
野村尚
スチル
薫森良民

ストーリー

大和造船所の設計技師増子一郎は、仕事に忙殺され、正一のことは、妹の弓子に任せたままだった。一郎の出張中、正一は身体の異状を訴え、弓子はすぐかかりつけの和田小児科病院へ連れていったか、詳しい原因が判らぬまま、大学病院に移された。精密検査の結果、木口博士の口から殆んど助かることのない癌であることが一郎に伝えられた。悪くて一、二ヵ月、もちこたえたとしても三ヵ月の生命であり、手術をしてもその可能性は零コンマ以下の確率でしかないという。再婚を間近に控えた一郎には悪夢を見ているようで信じられなかった。そして、この恐ろしい現実が確かなものであると知ったとき、彼の胸に苦い後悔が押し寄せてきた。正一の書いた新しい家の設計図を、仕事を理由に見てやらなかったことも、そして二ヵ月も前に、正一が腹部にしこりができているという訴えをなま返事で聞き流していたことも、すべてが彼を苦しめずにはおかなかった。一郎は、休職願いを出し、正一に残された時間を一緒に過ごそうと決心した。彼は、かつて、正一の担任教師大石から、正一は青い海を見たことがないということを聞かされ、土佐の真っ青な海を見に連れていくことにした。正一は狂喜し、はしゃぎ廻った。しかし時間は流れ、何の奇蹟も起こらないまま正一は静かに死んでいった。彼に残されたものは、黒い海しか書けなかった正一が、土佐の真っ青な海を描いた絵だけだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。