日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

どうぶつ宝島
ドウブツタカラジマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1971年03月20日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Treasure Island  
上映時間
78分  

一八五〇年、英国北部スコットランドに生まれたロバート・ルイス・スチーブンソン原作の「宝島」を、「アンデルセン物語」「長靴をはいた猫」「ちびっ子レミと名犬カピ」の東映が創立20周年を記念して、世界名作童話動画化シリーズとして製作した。

スタッフ

製作
大川博
企画
山梨稔伊藤企義飯島敬
原作
ロバート・L・スチーブンソン
脚本
飯島敬池田宏
演出
池田宏
作画監督
森康二
音楽
山本直純
美術
土田勇

ストーリー

さびれた港町。ジムの家は貧しいホテルだった。ある日猫の船員がやってきて、ジムに金貨をくれた。そして猫は、部屋に宝島の地図を残したまま一癖ありそうなブタやオオカミの船員に連れ去られて二度とジムの前に現われなかった。ジムは航海に憧れて、オンボロ船を造り、ネコの船員が残していった地図を持って、ネズミのグランと赤ん坊のバブを連れて出航した。やがてジムたちは、大ブタのシルバー船長率いる海賊船ボークソテー号に発見され、奴隷として使われることになり、船が海賊島に到着すると金貨一枚で奴隷商人に売られ、牢屋に放りこまれた。ジムはそこで、同じ境偶の故フリント船長の孫娘キャシーを知った。キャシーは、ブーツの中に宝の箱をあけるペンダントを隠し持っていた。協力を誓ったジムとキャシーは牢を抜けだし、地図をとり戻した。シルバー船長の申しでで、ジムたちはボークソテー号に乗りこみ、出港した。シルバーは、どうにかして地図を我が物にしようとしたがうまくいかず、やがて船は宝島に着いた。珍らしい蝶が飛び、美しい花や果物がなっていた。最終の湖にたどり着いた。そばの洞窟の鎖をひくと、どどっともーれつな勢いで水が噴きだした。湖の水がぬけたのである。シルバーは水に呑まれた。湖の底からは、沈没船が現われた。船の中には、まばゆいばかりの光を放っている宝がつまっている箱があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。