日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アタックNo.1 涙の不死鳥
アタックナンバーワンナミダノフシチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1971年03月17日 
製作会社
東京ムービー 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
55分  

「マーガレット」に連載中の浦野千賀子原作「アタックNo.1」の4回目の映画化。

スタッフ

製作
稲田伸生
原作
浦野千賀子
脚本
田村多津夫
演出
黒川文雄
作画監督
竹内留吉
撮影
清水達正
音楽
渡辺岳夫
美術
池田準
録音
山崎あきら

ストーリー

富士見高校一年生になった鮎原こずえと、家業の青果店を継いだ努は、お互いに励ましあっていた。富士見高校は、三年連続インターハイに優勝している八木沢三姉妹が率いる寺堂院高校と対決し敗れた。翌日から八木沢三姉妹の黒いたつまきのような三位一体攻撃を破るべく中学時代の恩師本郷先生にコーチを頼んで練習に励んだ。本郷先生は、こずえ、みどり、大沼のマシンガン・アタックも八木沢三姉妹には通じないことを悟り、新しい技に苦労していた。その頃、努もまた父が倒れ、産地直売方式が他の青果店に妨害されて窮地に落ち入っていた。こずえたちの血をはくような努力の結果、ダブル・アタックという新兵器の完成が近づいていた。そして、天竜高校と対決の日。ダブル・アタックは決った。その試合中、努が野菜を運ぶ途中、崖から落ち重傷だという知らせが入った。こずえは試合が終るまでは行けないと自分の心にいいきかせた。しかし試合が終ってかけつけたこずえは、生きている努には会えなかった。もうバレーなんかどうなってもいいと、こずえは部屋に閉じこもってしまうが、「世界のアタックNO1になってほしい」と書かれた努の日記を読み、こずえは再びコートに帰ってきた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。