日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

初めての旅
ハジメテノタビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1971年01月09日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「赤頭巾ちゃん気をつけて」に続いて森谷司郎監督が岡田裕介、森和代のコンビで描く“新しいフィーリング映画”第二作。脚本は「赤頭巾ちゃん気をつけて」で森谷司郎と共同執筆した井手俊郎。撮影も同作の中井朝一がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
田中収
原作
曽野綾子
脚本
井手俊郎
監督
森谷司郎
撮影
中井朝一
音楽
小野崎孝輔多賀英典
美術
阿久根巖
録音
長岡憲治
照明
森弘充
スチール
石月美徳
編集
広瀬千鶴
助監督
鈴木鉄三

ストーリー

明治神宮外苑表参道の落葉にうもれた並木道で、西村純一と尾根勝は出会った。二人はどちらからともなく、舗道にとめてあったスポーツ・カー、オースチン・ヒューレーに乗りこんだ。「どこへ行こうか」「どこでもいいさ」二人はそれだけの会話を交わすと初めて笑い、そのまま旅に出た。運転席の純一はよく道を知っていた。家中でよくゴルフに出かけるからだという。勝は、東京のごく一部の馴染の町だけしか知らない。勝の家は貧しかった。ぐうたらな父と浮気な母。父は決して勝を可愛いがらなかった。父と母は離婚し、父のかわりに若い男が入って来た。やがて勝は町工場に勤めたが、息のつまりそうな毎日だった。勝は給料日だったその日、何もかも馬鹿らしくなり、工場を飛び出した。純一と勝は江の島海岸で遊び、純一は牧場を経営する伯父がいる三島へ行くことを提案した。伯父は西村一族の鼻つまみ者で、若い頃渡米し、終戦まで帰国しなかった。伯父は西部の大平原を真っ赤に染める夕陽を見た瞬間、心を奪われ、そのままカウボーイになってしまったのだという。純一の家はかなり“きちん”とした家だった。母は教育熱心で、他の兄姉はみな社会的に有力な家に嫁いだり、そういう家から嫁をもらったりしていた。だから牛飼いの男が一族の中にいること自体、許せないことだった。車を走らす純一は、自転車にのった少女とすれ違うと、去年の夏の甘ずっぱい記憶がよみがえった。海岸で出逢った男の子のような少女。純一と少女は五米ばかりの間隔を置いて釣竿を落としていた。純一は少女の口ききで釣った魚を街の食堂に売った。その後、この間隔はちぢまり、餌入れは共同使用となった。純一の伯父の牧場はすぐ見つかった。伯父は間もなくここを売って北海道へ行くという。その時は、世話になった心のきれいな人に何かを残してあげたいともいった。純一は車を盗んでここに来たことを告白した。「返すべきだろうな……もっと強くなりなさい」と伯父はいった。警官が玄関先にたったのはその時だった。警察で純一と勝は訊問された。純一の父が法務省の次官だとわかると刑事は、二人を引き離そうとしたが純一は真っ赤な顔で振り返った「西村さんとは何だ!西村と呼び捨てにしたらいいじやないか!僕たちは同じことをしたんだぞ!」。飛びこんできた警官が二人を別れさせたあと、勝は独り埃りっぽい部屋の一隅に坐りながら微笑んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。