日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ずべ公番長 東京流れ者
ズベコウバンチョウトウキョウナガレモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年12月03日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Girl Vagrants in Tokyo  
上映時間
86分  

「ずべ公番長 夢は夜ひらく」に続く、シリーズ二作目。脚本は「ずべ公番長 夢は夜ひらく」の宮下教雄。監督は脚本にも参加している山口和彦。撮影は「経験」の中島芳男がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
吉峰甲子夫高村賢治
脚本
宮下教雄山口和彦
監督
山口和彦
撮影
中島芳男
音楽
津島利章
美術
藤田博
録音
広上益弘
照明
元持秀雄
スチール
藤井善男
編集
長沢嘉樹
助監督
深町秀煕

ストーリー

2年前、新宿で大暴れして赤城学園に逆もどりした影山リカは出所して、真面目に生活しようと小さな町工場で働いていたが、ミスが多すぎてクビにされてしまった。古巣新宿に戻ったリカは学園の大先輩、ガセ寅一家の女親分お蘭の身内になった。そこで学園を出所して間のないマリ、長子、ツナオらに再会する。一方新興ヤクザでキャバレー・ブラックジャックの社長黒江は、錦糸町を縄張りとする錦元組をバックに、ガセ寅一家の金看板の横取りをたくらんでいた。秋の神農祭が終った日、一人先祖の墓に参るお蘭に黒江の魔手がのび、お蘭は斬殺されてしまう。この知らせを聞いたリカ、長子、マリらはネオンの消えた新宿を、ブラックジャックへと殴り込んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。