日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アタックNo.1 涙の世界選手権
アタックナンバーワンナミダノセカイセンシュケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1970年12月19日 
製作会社
東京ムービー 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
51分  

「マーガレット」に連載中の人気漫画の映画化。脚色は田村多津夫。演出は大隅正秋。撮影は清水達正がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
東京ムービー
原作
浦野千賀子
脚色
田村多津夫
演出
大隅正秋
作画監督
竹内留吉
撮影
清水達正
音楽
渡辺岳夫
美術
山崎あきら
録音
池田順
編集
井上和夫

ストーリー

ニューヨークで開催される、世界ジュニア・バレーボール選手権に日本チームの初参加が決まった。こずえ、みどり、垣の内をはじめとする、全日本は、猪野熊コーチのもと、きびしい強化練習を行なった。強敵は前年優勝のソ連と準優勝のアメリカである。試合当日、第一戦の相手は強敵アメリカだった。苦戦しながらもどうやら勝ち、第二戦も勝った。その頃、強硬ソ連もチェコを破り、決勝に進んだ日本と対決することが決まった。そしてソ連と優勝を争そう日、必勝の作戦を胸に、ソ連の固いブロックにいどむ日本チーム。ボルチンスカヤの殺人スパイクに苦戦をしいられながらも、こずえ以下日本選手の活躍は素晴らしかった。見事世界一に輝いた選手たちの顔には涙が光っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。