日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

経験(1970)
ケイケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年10月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Experience  
上映時間
86分  

辺見マリの「経験」をバックに、谷隼人の初主演映画。脚本は「花札賭博 猪の鹿三番勝負」の成澤昌茂。監督は「(秘)セックス恐怖症」の鷹森立一。撮影は「不良番長 出たとこ勝負」の中島芳男がそれぞれ担当

スタッフ

企画
吉峰甲子夫安斉昭夫
脚本
成澤昌茂
監督
鷹森立一
撮影
中島芳男
音楽
八木正生
美術
北川弘
照明
元持秀雄
録音
長井修堂
スチール
藤井善男
編集
祖田富美夫
助監督
戸田幸男

ストーリー

流行歌が流れ、ネオンが輝く盛り場には、今夜も獲物を求めて闊歩する桜井年男の姿があった。新宿のマンモスバーから、銀座のクラブ“ノムノム”のバーテンとして働く年男は店のママ、さおりのヒモとなって毎日を送っていたが、ある日店が人手不足になったことから、以前新宿で知り合った初枝、あき子の二人をホステスとして紹介する。やがて年男は、あき子に想いをよせるようになり、初枝を使って何とかモノにしようとするが、あき子には故郷仙台で運転手として働らく勇という恋人がいたためうまくいかなかった。数日後、店の経営者の後藤田は、いやがるあき子を二号にしようと、さおりを通して、マンションに呼びつけるが、この一件をいち早く知った年男は、替玉として初枝を行かせるが、後藤田にばれ、命を狙われるはめとなる。その頃、勇が上京してきたことを知った年男は、あき子の変らない気持を確め、勇のもとに送りとどけ、自分はもとの古巣新宿に戻り、一から出直すことを心に誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。