日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

しびれくらげ
シビレクラゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年10月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
The Hot Little Girl  
上映時間
92分  

「でんきくらげ」に続く増村、石松、渥美のトリオ二作目。脚本は「ママいつまでも生きてね」の石松愛弘と「でんきくらげ」の増村保造の共同執筆。監督「でんきくらげ」の増村保造、撮影は「やくざ絶唱」の小林節雄がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
関幸輔
脚本
石松愛弘増村保造
監督
増村保造
撮影
小林節雄
音楽
山内正
美術
後藤岱二郎
照明
渡辺長治
録音
須田武雄
スチル
沓掛恒一
編集
中静達治
助監督
石井岩太郎

ストーリー

ファッションモデルのみどりは、大メーカー大東繊維のファッションショウの仕事を独占していた。これは大東繊維の腕きき若手営業マン、山崎宏がみどりの恋人であったためだった。みどりはある日突然宏から、ニューヨークに本店をもつ大百貨店の仕入担当重役ヘンダーソンと寝てくれと頼まれる。もしヘンダーソンの願いを聞き入れれば莫大なメリットの取引きが成立し、宏の地位が一躍上るというのである。みどりの意見を無視した強引さと、二人の将来という甘い言葉に説得されみどりは黙ってうなずくしかなかった。数日後、サインを取りかわした宏は、高笑いの渦巻く大東繊維の重役室の金庫の中に契約書を収めた。みどりには正介という父親がいたが、正介は父親としての勤めは一切せず、女ぐせが悪く、酒に溺れ、みどりに金をせびる厄介者な上に、暗い過去をもつ男の常として無気力で、今はストリップ小屋の楽屋番として終日グチるしか能のない中年男であった。正介はかねてより目をつけていた近所の美人局のバーのママを口説くために、芸能人だとふれこみ、みどりの載った週刊誌のグラビアをちらつかせてホテルに連れ込むが、亭主であるカサイ組の幹部山野と健次に踏み込まれ、おとしまえとして百万円を請求されてしまい、途方にくれた正介は、こともあろうに大東繊維の本社に宏を訪ね、金の無心をしてしまう。このことを知ったみどりは宏のマンションを訪ね、許しを乞うが、会社での自分の安全と将来しか気づかわない宏は「百万円はヘンダーソンのお礼だ」と冷たく追いかえしてしまう。こんな噂が、みどりの所属するクラブにと広がり、みどりのモデルとしての生命を断ち切ってしまった。貧しい生活にもどった正介は酒浸りの夜が続き、そんなある晩、屋台で酔い潰れているところを、山野の子分に見つかり旅館に連れ込まれ、みどりをここへ呼べと脅迫される。意志の弱い正介はみどりに助けを乞うために旅館へと呼び寄せるが、これはみどりの見事な肢体に目をつけた山野が、みどりをカサイ組のコールガールにしようという目論みだった。窮地に追いこまれたみどりを救ったのは、みどりと同じような父親をもった健次だった。この事件以来、みどりは健次に親近感を覚え、みどりを助けたことから組から追われる身となり、やくざから足を洗おうとしている健次に、ヘンダーソンの件で大東繊維からおどしとった一千万円の小切手を差出すのだった。お互いに今の環境から抜けだしたときに再会すること約束し、二人は明日に向っての明るい気持で別れていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。