日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

高校生ブルース
コウコウセイブルース

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年08月22日 
製作会社
大映東京 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

話題の新人関根恵子が主演する“レモンセックス路線”の第一作。脚本はこれが第一作目の伊藤昌洋。監督は「十代の妊娠」の帯盛迪彦、撮影は「ガメラ対大魔獣ジャイガー」の喜多崎晃がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
藤井浩明仲野和正
原作
柴田成人
脚本
伊藤昌洋
監督
帯盛迪彦
撮影
喜多崎晃
音楽
伊部晴美
美術
山口煕
照明
上原正一
録音
高橋温生
スチル
椎名勇
編集
中静達治

ストーリー

十六歳の美子は人間が食欲を感じることと同じ自然さで、クラスメイトの昇と、薄暗い体育倉庫で肉体関係を結ぶ。美子の性に対する知識は無知に近く、昇に生理のことを聞かれるまで自分の体内に変化があることに気がつかなかった。それを決定的にしたのは、体操の時間に吐きけをもよおしてからだった。昇との気の遠くなるような恍惚感を共なう営みの結果が妊娠という厳粛な恐ろしい事実を招くとは、美子には信じられなかった。それは彼女の全存在を根底から揺がす衝撃的な出来事であった。それにも増して、昇は狼狽した。昇は、なんとしても堕さねばならないと思ったが、初めての経験でなす術もわからぬまま相談相手も見つからず窮地に追いこまれていった。それでも昇は、クラスで性の権威と目される五十嵐に相談したり、学校から帰ると、こっそり兄の背広を着て産婦人科の前をうろついたり、また本屋で、性生活とか出産、育児とかいった本を立ち読みしては、周囲の大人たちからうさんくさい目でみられ、急ぎ足で引き返すようなうしろめたい日々が続いた。一方美子は、新しい生命の存在を実感しながら、その心理に大きな変化が頭をもたげつつあった。それは自らの出生にまつわる何か不確かな疑惑であった。自分が父と母との快楽の果てに産みおとされたと考えるや否や、自分の存在にたまらなく自己嫌悪を感じた。その頃、いても立ってもいられなくなった昇は、患者のいそうもない産婦人科を見つけて、やっとのことで事情を話した。翌日から昇は医師から教えられた一万五千円の中絶費用を作り出すために、家族にわからぬように牛乳配達のアルバイトを始め、美子への責任を果たそうとした。美子はお腹の赤ん坊を堕す決心をし、ちょうど昇と関係をもってから三ヵ月目に、昇を体育倉庫に連れていった。不安に怯える昇に、美子はマットの上に横になり「私のお腹を思いきり踏みつけて」と告げるようにいった。昇は非人間的な行為からくる戦慄と、一抹の安堵感とで狼狽するが、美子の声にあやつられ夢中で美子の下腹部を踏んだ。激しい腹痛に襲われながらも一人で家までたどりついた美子の様子にあわてふためいた母は、医者から「流産です」と言われ昂奮のあまり泣き伏してしまった。やがて元気を取りもどした美子だが、一人になると短期間に重りすぎた悲しみが出口を見つけて一気に美子を襲った。美子はベッドの上で身をよじり、烈しく涙を流した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。