日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ズンドコズンドコ全員集合!!
ズンドコズンドコゼンインシュウゴウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年08月08日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

ドリフターズ“全員集合”シリーズ五作目。脚本は「アッと驚く為五郎」の田坂啓、撮影は「たぬき坊主」の荒野諒一が当り。監督は脚本にも参加している「たぬき坊主」の渡辺祐介。

スタッフ

製作
沢村国男井沢健青木伸樹
脚本
渡辺祐介田坂啓
監督
渡辺祐介
撮影
荒野諒一
音楽
森岡賢一郎
美術
森田郷平
録音
山本忠彦
照明
飯島博
スチール
梶本一三
編集
寺田昭光

ストーリー

ちっぽけな漁村を根城に暴れ廻る、碇鮫吉をリーダーとする不良グループは村の鼻つまみ者である。グループの一人加藤岩四は恋人である村の漁業組合長浅利磯右衛門の娘鮎子と駆け落ちするため鮫吉の手から逃れる手段として、ちょうど村で興行していた“市川あかね一座”の座長あかねに弟子入りするが鮫吉の巧妙な戦法にかかり元の木あみになってしまう。そんな鮫吉が何を思ったか子分の岩四だけをともない一旗あげようと冷凍車に乗りこみ東京へいってしまう。それから数カ月、鮫吉らの夢は無残にも破れ二人は今や焼きトウモロコシをつんだオンボロリヤカーを引っぱり夜の盛り場をほっつき歩く身となり、薄汚れたベッドハウスさえも家賃未納で追い立てを喰うというていたらくぶりであるが、それでも故郷に残した子分たちには一端の親分にのし上ったという葉書きを出していた。明けて、鮫吉にとって大事件が起った。故郷に残した子分たちが黄金の東京生活を夢み、突然上京してしまったのだ。上京した風太たちは葉書きとは裏ハラの現実をみて鮫吉のインチキぶりに怒り狂い、岩四ともどもたたきだしてしまう。数日後、風太達の目の前に岩四が黒木という子分をつれて表われ、形勢一変、岩四はグループのボスになってしまうのだが、そんなある日、岩四にシマとマダムの早苗を寝とられたと思いこむ鬼熊が刑務所から出てきた。殺気にはやる鬼熊のために数日後決闘させられる破目に落ちいる岩四は、今は子分である鮫吉に芝居ごっことだまし、対峙させる。その時、早苗が現われ事の真相を打ち明けたために決闘は中止。命びろいをした鮫吉たちはすごすごと、故郷の漁村へ帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。