日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ハレンチ学園 身体検査の巻
ハレンチガクエンシンタイケンサノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年08月01日 
製作会社
日活 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

話題をまいた第一作にさらに輪をかけたハレンチぶり。脚本、監督は前作にひきつづいて、山崎巌と鴨井達比古、丹野雄二がそれぞれ担当。撮影は「盛り場流し唄 新宿の女」の萩原憲治が担当。

スタッフ

企画
園田実彦時枝国文
原作
永井豪
脚本
山崎巌鴨井達比古
監督
丹野雄二
撮影
萩原憲治
音楽
山本直純
美術
川原資三
照明
三尾三郎
録音
八木多木之助
スチール
寺本正一
編集
近藤光雄

ストーリー

チャランポラン、チャランポランと「聖ハレンチ学園」の授業終了の鐘が鳴り響いた。今日の放課後は女生徒の身体検査である。ところがこれはヒゲゴジラと丸傘らの仕組んだ悪企み。連中は、校医を追い出すと、女生徒に襲いかかった。帰校中、偶然このピンチを知った山岸、袋小路、風間らハレンチ・トリオは、医師と看護婦に変装して、さっそく救出作戦を展開し、女生徒のボインの恩典にあずかった。しかし、医務室の様子がおかしいとなだれこんできた丸越たちのため、騒ぎは再び膨張し、新聞ダネとなり、教師はただおどおどするばかり。そこへ、ウエスタン・スタイルで颯爽と登場したマカロニは、男生徒に西部魂を教えこむと意気ごんだ。そして、パリから補助金の件で、視察団が来日した。教師たちは、生徒たちに騒がれては、補助金が出なくなるので、臨海学校を開くことを条件に丸めこんだ。驚いたことに、視察団は三人の美しい尼僧であった。さらにびっくりしたことには、この三人娘はヨーロッパで高名なハレンチ娘で、日本のハレンチぶりを視察にきたというわけである。そして、日本のハレンチはまだ水準に達していないから、よく仕込めと補助金五千円を置いて帰国した。あくる日、天下晴れての臨海学校、マカロニのしくんだ罠で、教師もろとも生徒たちを海に沈めて、その間に学園を売りとばす計画であった。死にもの狂いで岩礁に泳ぎついた生徒たちは衣服を波に洗われて、裸に近かった。そんなことから、この小さな島はまたまたハレンチな大騒ぎが始まろうとしていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。