日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

反逆のメロディー
ハンギャクノメロディー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年07月22日 
製作会社
日活 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「斬り込み(1970)」でデビューした新人、沢田幸弘の第二作。脚本は「橋のない川 第二部(1970)」、「日本最大の顔役」の佐治乾と蘇武道夫が共同執筆。撮影は「女の警察 国際線待合室」の山崎善弘が担当。

スタッフ

企画
水の江滝子佐々木志郎
脚本
佐治乾蘇武道夫
監督
沢田幸弘
撮影
山崎善弘
音楽
玉木宏樹
美術
千葉和彦
照明
高島正博
録音
神保小四郎
スチル
土屋豊
編集
井上治

ストーリー

淡野組が解散した翌日、哲は新興都市K市にいた。昔、K市は立花組が仕切っており、哲は立花の腹違いの弟だった。組が解散したのでK市へやって来たのだった。組長は刑務所に入っており、立花組は矢東会から乗り込んできた武沢、ドス建、宮坂の三人に押えられていた。哲は偶然、出会ったゲバ作と共に、矢東会に挑戦しはじめた。さらに立花組の再建に取り組んだ哲は、若い者を引き連れて暴れ廻った。そんなある日、淡野大次郎が関東の暴力組織を解散させるために、K市へやって来た。哲は空港に出迎えた。淡野の口添えで関東の暴力団が続々解散を表明したが、実はK市の新興都市に建設会社、観光会社、運送会社などの名称で流れ込んでいたのだった。淡野は哲にK市の建設会社には手を出すなと忠告した。折も折、立花が仮釈放で出所した。立花への義理から哲は組を出ようとしたが、ゲバ作等が建設会社に殴り込みをかけ、リンチを受けて殺されたと聞く。この事から、淡野と敵対するハメになり、仕返しに建設会社の仕事現場を破壊した。淡野は今度の事件をきっかけに立花組を警察に頼んで合法的に壊滅させようとした。たちまち立花組に警察が乗り込み、組員たちには手錠がかけられた。その間に立花は何者かによって刺し殺されていた。数カ月後、工場完成で賑わう祝賀会会場に、哲は以前から淡野をつけ狙っていた滝川と共に殴り込んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。