日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アタックNo.1 涙の回転レシーブ
アタックナンバーワンナミダノカイテンレシーブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1970年08月01日 
製作会社
東京ムービー 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
59分  

浦野千賀子原作のまんが映画。斉藤次郎が脚色、岡部英二と黒川文夫が共同演出。作画監督は竹内留吉が担当。

スタッフ

製作
稲田伸生
原作
浦野千賀子
脚色
斎藤次郎
演出
岡部英二黒川文男
作画監督
竹内留吉
撮影
清水達正
音楽
渡辺岳夫
美術
池田準
録音
山崎あきら
編集
井上和夫

ストーリー

アタック・コンビ鮎原こずえと早川みどりの富士見学園と四天王を擁する浜紀中学が合併することになった。でも、四天王の勝手なふるまいは当然チームワークを乱しはじめた。こずえとみどりは彼女らに対抗するために、大学バレー部の合宿に参加し、左手でのアタックと変化球サーブを会得して、帰ってきた。やがて、こずえの努力でチームワークも固まり、全国選手権大会を迎えた。アタックコンビの活躍で勝ちつづけた富士見学園は、回転レシーブの名手、垣之内良子の福岡中学と優勝を争うことになった。試合は予想通りの大熱戦、最終セットも十五対十五の大詰めを迎えたが、こずえとみどりの秘密作戦が見事に功を奏し、栄冠は富士見学園の上に輝いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。