日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の大冒険
コイノダイボウケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年07月18日 
製作会社
オールスタッフプロダクション=テアトルプロダクション 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

日本映画には珍らしいスラップスティック・タッチのミュージカル・コメディ。羽仁進、山田宏一、渡辺武信が共同で、オリジナル・シナリオを書き、「初恋・地獄篇」「愛奴」の羽仁進が監督した。撮影は「ある兵士の賭け」の奥村祐治、音楽をいずみたくが担当している。別題「ピンキーとキラーズの恋の大冒険」。

スタッフ

製作
いずみたく深沢猛酒井知信
脚本
羽仁進山田宏一渡辺武信
監督
羽仁進
撮影
奥村祐治
音楽
いずみたく
美術
和田誠灘本唯人山下勇三白井宏信
照明
辻勇介
録音
久保田幸雄
スチル
折元昭道

ストーリー

列車は陽子たちが夢にまでみたあこがれの東京に着いた。でも、陽子たちは忙しがり屋の東京人にただただ驚くばかり。就職先のラーメン会社。くわせ者の社長、迷竹は女性を自分の意のままに動かすことのできる催眠暗示用テープの製造に余念がない。迷竹社長のお目当ては、ファッション・モデルの柚木かおり嬢である。だが、暗示用テープの怪電波に動物園のカバが不眠症にかかってしまった。主治医の獅子野は、恩師自然丈博士と治療にあたったが、相手が怪電波では全く効果なしだった。この獅子野という男、彼こそ、陽子が上京した日、スリを捕えてくれた、陽子一目惚れのあこがれの人であった。そしてテープの秘密を知った陽子はクビ。路頭に迷う陽子に獅子野はTV漫画のアテレコを世話した。陽子は灰色の東京の空がバラ色に見えてきた。動物園に行けば、獅子野に逢えるから。でも、獅子野にはかおりという恋人がいた。陽子の大失恋であった。しかし、そこは持ち前の世話好き。かおりをわが物にせんとする迷竹の悪だくみを知っている陽子は敢然と迷竹に立ち向う決心をした。かおりと迷竹の結婚式、陽子はなぐりこみをかけた。助っ人はカバのザブ吉、このまことに異なるものの出現で、式は目茶苦茶、その騒動のショックでかおりの暗示が解けて、ふたたび獅子野の胸に。素敵な恋のない東京なんか、用はないと汽車に乗る陽子。追いかけてきたのは、なんとカバのザブ吉だ。ザブ吉は叫んだ。「行っちゃいけないよ、陽子そっちに明日はないよ」と。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。