日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

太陽は見た
タイヨウハミタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年05月30日 
製作会社
大映東京 
配給会社
ダイニチ映配 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

真夏の太陽の下、青い海の中に展開する渥美マリの愛の世界。脚本は「でんきくらげ」の石松愛弘、監督は「女賭博師壷くらべ」の井上芳夫。撮影は「高校生番長」の中川芳久が担当。

スタッフ

企画
川崎治直
原案
井上芳夫
脚本
石松愛弘
監督
井上芳夫
撮影
中川芳久
音楽
山下毅雄
美術
間野重雄
照明
伊藤幸夫
録音
飛田喜美雄
スチル
柳沢英雄
編集
中静達治

ストーリー

海辺の高級別荘地。坂井純一は、ヨット事務所の管理人。別荘に遊びに来る金持のドラむすこを相手に黙々と働いていたが、彼の関心はこのへんで一番大きな別荘の所有者、牛倉幸太郎の娘・有紀にあった。純一は有紀のあとをこっそりつけ別荘の中へ忍び込むが、そこで目撃したのは想像を絶する場面であった。幸太郎に抱かれて、あえぎもだえている裸身の女は、あこがれの有紀ではないか。有紀はもはや純一の崇拝の対象ではなくなった。その晩、散歩に出た有紀を海辺へ連れ出した純一は力づくで犯した。「おやじに抱れるくらいなら、どおってことはないだろう」ヤケ気味の純一のことばに有紀は堅い表情で、人形のようにからだを横たえていた。幸太郎とは血のつながっていない親子ではあったが、純一の出現に有紀はしだいに幸太郎の執ような愛撫をおぞましく思うようになる。初めは有紀を傷つけることが目的だった純一は、自分を突き落そうとしておぼれかかった有紀を助けたことから、ほんとうは彼女を愛していたことに気づくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。