日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

満願旅行
マンガンリョコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月25日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

旅行シリーズのコンビ舟橋和郎と瀬川昌治が前作「縁結び旅行」につづいて、脚本、監督を担当したシリーズ第六作。撮影も同作の丸山恵司が担当。

スタッフ

製作
島津清
原作
舟橋和郎
脚本
舟橋和郎
監督
瀬川昌治
撮影
丸山恵司
音楽
いずみたく
美術
熊谷正雄
照明
佐久間丈彦
録音
田中俊夫
スチール
長谷川宗平
編集
岡敬一

ストーリー

村上洋介は、寝台特急「はやぶさ号」の専務車掌。母お政と鹿児島市に住んでいるが女性には理想高く、三十才を過ぎてなお独身を誇っている。同じ列車の食堂ガールの庄司八重子は洋介にぞっこんで、その情熱たるや、まさに南国的だが、洋介の反応はゼロである。春の佳き日、洋介は同郷の秋山すみ江と見合いをした。会った瞬間洋介はすみ江に一目惚れ、一方すみ江もまんざらでもなさそうだ。万事うまく運びそうだったが、そこに現われたのが八重子。さらに、旦那に捨てられて「はやぶさ号」車中でハイミナールを飲んで、あばれたユカまでからんで騒然となり、すみ江は怒って、帰ってしまった。だが、洋介のすみ江への想いは日毎につのるばかりだった。一方八重子の洋介への想いもエスカレート、図々しくも弟隆一と一緒に洋介の家の離れに引越してきて、まるで女房きどりのふるまい。数日後、すみ江が別の見合いのため、鹿児島にやってきた。落胆した洋介は懸命にすみ江を説得。霧島温泉での再会を約束した。洋介は爽快な気分で夜の「はやぶさ号」に乗り込んだ。しかし、同行していた八重子が急性盲腸炎で倒れ、豊橋で臨時停車して、急拠入院。翌朝、鹿児島の洋介のもとに八重子危篤の報。霧島温泉か豊橋か、迷ったあげく洋介は八重子の病床へかけつけた。その上、洋介は八重子を励ますつもりで、結婚の約束を口ばしってしまうが、医者がいうには、まもなく退院できるとのこと、洋介は慌てふためくがすでにあとの祭りだった。これはすべて隆一の策略だったが、やがて八重子と結婚した洋介もまんざらではなさそうだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。