日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

非行少年 若者の砦
ヒコウショウネンワカモノノトリデ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月04日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
A Young Man's Stronghold  
上映時間
89分  

立原正秋の原作「春の死」を「非行少年 陽の出の叫び」の藤田敏八(繁矢改め)と来栖三郎が脚本化し、藤田敏八が監督した異色青春ドラマ。撮影は「朱鞘仁義 鉄火みだれ桜」の萩原憲治が担当。

スタッフ

企画
大塚和仲川哲朗
原作
立原正秋
脚本
藤田敏八来栖三郎
監督
藤田敏八
撮影
萩原憲治
音楽
稲垣次郎
美術
柳生一夫
録音
橋本文夫
スチール
井本俊康
編集
丹治睦夫

ストーリー

石見次郎は諸越ふさという婦人から非行しかかっている高校生の祐一の家庭教師をたのまれた。祐一の態度に、次郎はかつての自分の姿をみた。だが祐一は何故か次郎の存在を無視しようとした。しかし、そんな祐一も幼なじみの女学生早苗に会っているときだけは、何かひたむきに求め合う純粋な気持になるのだった。こうしているうち、次郎には徐々に祐一の複雑な人間関係が判ってきた。祐一はふさと財閥依田のあやまちから生まれた。しかし、依田の死後、ふさは本妻の子である隆彦と聖子に遠慮して別居した。祐一が急にグレだしたのはそれからだった。ふさのバーで、聖子を見知った次郎は、彼女の瞳に愛情と憎しみの交錯した影をみつけた。一方、祐一は次郎に対する意地からか、この頃にはかなり勉学に精を出すようになった。ある日曜日、隆彦と瞭子の婚約パーティに招かれた次郎と祐一だが、おごり気どった隆彦が気にいらなかった。二人は瞭子にふられた男、石坂がのりこんで、隆彦に逆に威圧されたのをみて、これは隆彦をよくみせる八百長芝居だと暴露して、一座を騒然とさせた。隆彦や聖子にとってこれは残酷な儀式だったかも知れない。だが聖子にはこのことが次郎に抱かれる原因となってしまった。また祐一がもう隆彦の保護をうけられないと知って、愕然としたふさは自殺した。数日後、祐一は早苗との口づけを盗みとられたフィルムをとり戻そうとデバカメ市会議員と共謀した教師の大崎をめったうちにした。やはり、祐一も次郎と同じ道をたどってゆく。祐一はこれから少年院へ行き、次郎が立直ったように、生き甲斐をみつけて出てくるだろう。次郎はその意味をこめて、祐一をどなりつけた。外には次郎の生き方に共鳴した聖子の真剣な瞳が持っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。