日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本最大の顔役
ニホンサイダイノカオヤク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

佐治乾と中野顕彰が脚本を共同執筆、「喧嘩博徒 地獄の花道」の松尾昭典が監督したやくざもの。撮影は同作の岩佐一泉が担当。

スタッフ

企画
横山弥太郎
脚本
佐治乾中野顕彰
監督
松尾昭典
撮影
岩佐一泉
音楽
嵐野英彦
美術
佐谷晃能
録音
片桐常雄
スチール
寺本正一
編集
井上親弥

ストーリー

大矢根組三代目を襲名した黒木和也はまず港湾都市の大掃除にのり出した。その当時、港湾一帯では敗戦ショックから目覚めぬ市民、無警察状態をいいことに、外国人の無法ぶりは目に余るものがあった。やがて、大矢根組の倉庫が、彼らに襲われ、凄絶な市街戦が展開された。黒木は昔、外国人の手から助けたことがある石垣の助っ人を得て、このカタをつけた。だが、黒木は進駐軍から、占領目的違反の罪で、追求を受け、やむなく旅に出た。一方、外国人の首領、金山も進駐軍の追求の手から逃がれるのに必死だったが、救いの手を差しのべた黒木と手を結んだ。やがて、留守をあずかる代貸、原の奔走で進駐軍との話し合いがまとまり黒木が舞いもどってきた。しかし、様相は一変していた。黒木が命がけで追いはらった外国人に代って、陣野組が居坐っていた。組長北川は進駐軍のバックアップをかさに、日本の暗黒街の帝王を夢みており、北川の手は港一帯をおおった。一方、黒木は着々と戦闘態勢を整えていった。そして、港湾の覇権をめぐっての激突の時がきた。血の雨の中、黒木は銃弾にもんどりをうった。それを見て怒りに狂った原が北川めがけて、銃弾を射ち続けると、北川は蜂の巣と化した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。