日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

刺客列伝
シカクレツデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月06日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「眠狂四郎悪女狩り」の宮川一郎が脚本を執筆し、「やくざ番外地」の西村昭五郎が監督した任侠アクション。撮影は「極道ペテン師」の姫田真佐久。

スタッフ

企画
高木雅行雲嶋幸夫
原案
山下次郎
脚本
宮川一郎
監督
西村昭五郎
撮影
姫田真佐久
音楽
池田正義
美術
千葉和彦
照明
岩木保夫
録音
古山恒夫
スチール
井本俊康
編集
丹治睦夫

ストーリー

樋口正次郎は、渡世の義理から人を斬り、将来を約束した女郎おしのと別れた。おしのの身請け金を得るために、松田一家の仕切る石切場の人足になった。松田は監督官の俵少佐にとり入って甘い汁を吸っていた。そのカラクリを知って、暴れた正次郎は、松田の目にとまって用心棒のグループに入れられた。そこには、安、勝、清吉、銀次、鉄ら、ひと癖ある殺し屋がゴロゴロしていた。逃げた作業員に残酷なリンチを加える彼らも、女ができると、次第に自分たちの稼業に嫌気がさして来た。しかし、松田にかけ合いに行った清吉は殺された。その頃、正次郎は、石源の家にいる、兄を石切場で失った娘・芳江と知り合った。一方、松田は、軍の命令で納期が早まると、インチキ賭博で、作業員たちの給金をまき上げ、飯場へ逆戻りさせた。そんな頃、ピストルの名人・新田兄弟が、仲間入りした。実は、正次郎を狙ってきたのだった。その頃、三人の作業員が脱走を計画した。芳江と石源、正次郎が協力し、石源が松田の子分に殺された。正次郎と、六人の殺し屋もついに決起し、松田の事務所を襲い、捕われた芳江を救出した。俵少佐を見送りに駅にいた松田は、急報に高飛びしようとした。が、七人も後を追って列車に乗り込み、俵少佐を倒したが勝、新田兄弟、銀次、鉄が死んだ。しかし、ついに松田も正次郎の執念の白刃に刺された。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。