日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ヤングパワー・シリーズ 大学番外地
ヤングパワーシリーズダイガクバンガイチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年11月29日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「あゝ陸軍隼戦闘隊」の須崎勝弥が脚本を書き、「ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地」の帯盛迪彦が監督したシリーズ第二作、撮影は、「続・与太郎戦記」の上原明が担当した。

スタッフ

企画
川崎治道
原案
今子正義
脚本
須崎勝弥
監督
帯盛迪彦
撮影
上原明
音楽
伊部晴美
美術
山口煕
照明
久保江平八
録音
三枝康徐
編集
中静達治
スチル
沓掛恒一

ストーリー

東都大の入試に失敗した江田京子は、ある日、街頭で学生と機動隊の乱闘に巻き込まれ、デモ学生と間違えられ、機動隊の乱暴を受け、全学闘のリーダー木原らに助けられた。木原らは、京子を東都大の新入生だと思い込み、京子も弁明の機会を失い、ゲバ学生として、バリケード内に入った。乱闘の写真を週刊スポットのカメラマン大沢が撮っており、偶然雑誌を見た京子は、驚いて、抗議したが、それは週刊スポットにとって思う壷だった。本気で学生運動をやっているのなら、一歩も後へ退かないはずだと大沢に一蹴され、京子は偽学生である事も告白できず、内心の苦悩を隠して、行動はエスカレートし、ついに、教授殴打事件で逮捕状が出る始末だった。さらに、京子がショックを受けたのは、リーダーの木原が、京子の処女を奪ったことだった。そして、ノイローゼで自殺した同志の死体の前で、平然とアジる木原を見て、京子の心は乱れた。そんなある日、京子の身分が知れてしまい、スパイの嫌疑をかけられ、私刑を受けて、監禁され、大沢に助けられた。大沢の説得で、自首しようとして、全学闘のメンバーに発見され、再びバリケード内に連行された。その時、機動隊が校内に導入され、学内を制圧した。必死に捜す大沢が見たものは、“死、それは、偽者が掴んだ最後の真実である”という落書と、京子の自殺死体だった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。