日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天狗党
テングトウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年11月15日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

三好十郎の戯曲「斬られの仙太」を、「刑務所破り」の高岩肇と、稲垣俊が共同脚色し、長編記録映画「ベトナム」の山本薩夫が監督した、幕末を背景にしたアクション時代劇。撮影は、「笹笛お紋」の牧浦地志が相当した。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
伊藤武郎宮古とく子
原作
三好十郎
脚色
高岩肇稲垣俊
監督
山本薩夫
撮影
牧浦地志
音楽
池野成
美術
内藤昭
照明
黒川俊二
録音
大谷巖
スチール
小山田幸生
編集
山田弘

ストーリー

常陸国の百姓仙太郎は貢租の減免を願い出たことから強訴とみなされ北条の喜平一家に村から追われた。復讐の念に燃える仙太郎は江戸で剣法の修業を積み、博徒となって故郷に向かった。途中、仙太郎は仕置きの自分を助け起してくれた甚伍左親分に会い、娘お妙への伝言を頼まれた。お妙の家では、彼女の父が“天狗党”に加わっているとし、喜平一家の者が暴力をふるっていた。仙太郎は思わず抜刀、その腕の冴えに、偶然立会っていた天狗党水木隊長と隊士加多は、尊皇攘夷、世直しのために決起する党への参加を説いた。天狗党挙兵の知らせは筑波山麓から全国津々浦々に拡がり、仙太郎の働きは幕府軍の恐怖の的だった。だが、ニセ天狗党の出没で百姓たちの信用を落した天狗党は、それを同じ水戸浪士ながら諸藩連合派に属す吉本や甚伍左の策動と睨み、仙太郎を刺客兼、使者井上の護衛役として、江戸行きを命じた。仙太郎は会合の場で、かつて馴染んだ深川芸者お蔦に出会ったが、落着く間もなく、救いを求める井上の声に吉本を斬り、甚伍左の悲鳴を開かなければならなかった。しかし、この非常手段も天狗党の敗色を挽回するには至らなかった。水木は、天狗党の首脳部武田耕雲斎らを嘆願によって助命さすべく、それまで従ってきた百姓、やくざ、町人らを斬った。それは、士分以外の者がいては単なる暴動とみなされ、全員死罪は免がれ得ないという判断からだった。武士の言を信じた仙太郎もまた粛清のはめに陥入った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。