日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

娘ざかり
ムスメザカリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月06日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

長野洋と「死ぬにはまだ早い」の小寺朝が脚本を共同執筆、「燃えろ!青春」の松森健が監督した青春もの。撮影は「続社長えんま帖」の鈴木斌が担当。

スタッフ

製作
山田順彦
脚本
長野洋小寺朝
監督
松森健
撮影
鈴木斌
音楽
広瀬健次郎
美術
阿久根巖
照明
山口虎男
録音
吉沢昭一
スチール
岩井隆志
編集
武田うめ

ストーリー

念願の城北大学国文科へ進学した陽子に、大学キャンパスの空気は爽かだった。新入生勧誘のクラブ員の手が伸びる中、見事陽子を射止めたのは、スポーツカーに乗った帝国自動車宣伝課長のイカス先輩渡辺だった。陽子は親友の信子や西山らと早速入部した。だが、先輩たちの特訓は厳しく、タダで免許をとることの難しさを知らされた。そんな陽子たちを刺激したのは、大学改革を唱えるゲバ活動だった。行動即社会経験、その日、陽子はゴーゴー・クラブやバーを探訪、あげくの果てに愚連隊と喧嘩をするほどの行動ぶり。お蔭で神父の父には家から締めだされる始末だった。やがて陽子に免許がおり、自動車が欲しくなった。だが両親の反応は冷たかった。陽子が渡辺からひとみとの結婚問題を話されたのはそんな頃、そして陽子はカケをした。それは新入生歓迎のイジワル・ラリーで陽子のチームか完走したら、渡辺がひとみに結婚を申込むというものだった。野次馬の見守る中で、西山と組んだ陽子は大奮闘、二人を結婚にゴールインさせた。ハネムーンカーが、教会を出て行く。陽子も買ってもらった車に、両親を乗せて、得意気だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。