日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本一の断絶男
ニホンイチノダンゼツオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年11月01日 
製作会社
東宝渡辺プロ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「奇々怪々俺は誰だ?!」の田波靖男と「ドリフターズですよ! 全員突撃」の佐々木守が脚本を共同執筆し、「ブラック・コメディ ああ!馬鹿」の須川栄三が監督したシリーズ第七作。撮影は、「ハーイ! ロンドン」の原一民が担当した。

スタッフ

製作
大森幹彦
脚本
田波靖男佐々木守
監督
須川栄三
撮影
原一民
音楽
宮川泰
美術
阿久根巖
照明
金子光男
録音
伴利也
スチール
石月美徳
編集
黒岩義民

ストーリー

丸山は、一流会社への就職を狙って、大阪港の廃船を根城に日雇作業員をしていた。そこへ、幼友だちのミミ子が転がり込んで、丸山は大弱り。そんな時、心臓男の日本一郎が、現われ、就職を世話してくれたが、それが何と万博の工事作業員で、日当も、一郎に巻き上げられた。姿をくらました一郎を追い、丸山は、東京へ。ミミ子も彼を追った。一郎に再会した丸山は、八百広告社へ強引に連れ込まれた。一方、一郎は、アポロ食品のCMを、女優になったミミ子を使って作り、大当りをとり、宣伝部長に昇進した。しかし、幹部社員のモーレツ特訓に逃げ出した。そして、丸山の退職金をあて込んで、日本経営大学なる研修会を開き、早速仕事にとりかかった。研修会とは表むきで、麻雀や花札の記憶力と推理力を養うというもの。ところがそこへ、土地の親分・北斗組の土井が乗り込んできた。しかし度胸を見こまれた一郎は、その場で、兄弟盃を交わして、北斗組の客人にされた。関東組との出入りに駆り出され、おっかなびっくり、日本刀のさやをはらってスゴンだものの、警官隊に踏み込まれ、その場は救われたものの、北斗組と関東組に追われて、一郎は、町工場に逃げ込んだ。そこは、発明家・小山のジャンピング・バルーンの実験場で、一郎の体は空に舞い上がってしまった。それが実験成功となり、一躍、小山は、マスコミの寵児となり、事業家として成功した。お礼にもらった一坪の土地から、石油が吹き出し、またも、一郎は、石油会社の社長に祭り上げられた。しかし、束縛されることの嫌いな一郎は一切の権利を丸山に譲り、自由な天地を求めて、飛び出したが、ミミ子が、後を追った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。