日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夕陽に向かう
ユウヒニムカウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年10月15日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「霧のバラード」の長谷川公之が原案・脚本を担当し、「喜劇 大激突」の田中康義が監督した青春もの。撮影は同作の堂脇博が担当した。

スタッフ

製作
沢村国男
原案
長谷川公之
脚本
長谷川公之
監督
田中康義
撮影
堂脇博
音楽
斎藤高順
美術
横山豊
照明
福岡昭男
録音
中村寛
スチル
堺謙一
編集
寺田昭光

ストーリー

高山弘は、スナックに勤める姉と二人暮しで、橋梁工場で働いていた。しかし弘には、海外で働きたいという夢があり、会社に内緒で東南アジア開発事業団の試験を受けていた。そんなある日、弘は、駅のホームで、ミキと初めて言葉を交わした。二人は、次の日曜日のデートを約束した。日曜日、弘は、故郷の大砂丘のことを、ミキは、寮の友達のことを夢中になって話した。二人の心は急速に接近した。二人は日曜日毎のデートを約束した。ところが数日後、弘の会社で、盗難事件が起き、弘が疑われた。弘は、激怒して、真犯人を探し、辞表をたたきつけて、会社を辞めた。ちょうどその時、合格通知が届いていた。姉は喜んだが、そこへ、ミキの失踪が知らされた。弘との仲をねたんだ同僚の良子が、ミキの過去のことを調べ、部屋の者に暴露したためだった。隠していた刺青の跡を見せて、啖呵を切ったミキは、「ひとりで夕陽が見たい」といい残して嵐の中を飛び出して行ったという。それを聞き、弘はピンときた。鳥取の大砂丘--。弘は、駈けつけた、ミキは危うく死から免れた。「生きろ!生きるんだ!」弘の言葉に、ミキは大粒の涙をこぼした。砂丘に立ちつくす二人の向こうに、夕陽が水平線に没しようとしていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。