日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ベトナム
ベトナム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1969年10月02日 
製作会社
長編記録映画「ベトナム」製作実行委員会 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
134分  

「ドレイ工場」の山本薩夫が、増田健太郎、小泉尭史監督、大小島嘉一、藤井良孝の二カメラマンを率いて北ベトナムにロケした長編記録映画。

出演者

ストーリー

ある晴れた日のハノイ。青年突撃隊を乗せたトラックの隊列が、南北両ベトナムの首都を結ぶ国道一号線を南下して行った。この部隊は独身女性が大半を占め、破壊された道路や橋の補修、時限爆弾や不発弾の処理を主任務としていた。北ベトナムの最南端で南からの砲弾の飛び交うビンリン、クワンビン地区に向かう突撃隊をもっとも励ましたのは、各地で不屈に闘う同胞の姿だった。四、五〇キロもある高射砲をかつぐ七四歳の老人民兵。ベトナムの星といわれる闘いの象徴、ハムロン橋を死守する兵士。学習のかたわらに八〇ミリ砲の訓練をする女学生。国民は「破壊にはそれ以上の建設を」というスローガンのもと一致団結している。一七度線直下のビンリン、クワンビン地区。アメリカが「石器時代に戻してやる」と豪語したこの地区の住民は、地下壕の中で生活していた。が、抗米救国のために闘いつづける人民の顔は意外に明るい。それは、豊かな大自然を味方に闘う自国が、誰も負けると思っていないからである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。