日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

姐御(1969)
アネゴ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年08月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

藤田五郎の原作を青山剛が脚色し、「博徒無情」の斎藤武市が監督した任侠もの。撮影は同作品でコンビを組んだ萩原憲治。

スタッフ

企画
友田二郎時枝国文
原作
藤田五郎
脚色
青山剛
監督
斎藤武市
撮影
萩原憲治
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
大西美津男
録音
高橋三郎
スチール
目黒祐司
編集
近藤光雄

ストーリー

磯島組大幹部紺野淳一は、親分宇太郎に跡目相続を頼まれたことから、同格幹部影山にねたまれた。だが、淳一は影山を兄貴とたて、二代目正輝が刑務所から帰るのを待った。ある晩、淳一、愛の夫婦が刺客に襲われた。暗殺を命じたのは影山。ようやく事の重大さを知った磯島は、後見人の花村を仲介に、二人に和解の盃を交させた。だが、影山のいやがらせはとどまらず、淳一の縄張りは次次に影山の手中に落ちていった。やがて、二代目が出所、淳一は彼のために無法な影山のだまし討ちに会い、短かい生涯を閉じた。翌日、淳一の葬儀がしめやかに行われた。淳一の弟や子分は、平然と焼香に現われた影山を襲った。が、間髪を入れず藤川が両者の間に割って入った。彼は影山の仕返しを心配して、かつての兄弟分だった淳一の妻愛や弟をなだめたのだ。それから数カ月、愛はお茶漬屋を開業、影山の縄張荒しで衰弱の一途を辿る磯島組二代目を励ました。その姿は、義理人情に生きた夫淳一の魂が彼女に乗り移ったと思えるほどだった。淳一の弟が、影山のソープランドで働く光子と駆け落ちをしたのはそんな折、この一件により影山の愛に対する仕打ちは一段と悪辣になった。一方、愛と五郎は、淳一の仏前で男女の間柄を越えた兄弟分の盃を交わすと非道な影山興業に怨念を晴らした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。