日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

もーれつア太郎
モーレツアタロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1969年07月20日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
35分  

赤塚不二夫の原作を、「ゲゲゲの鬼太郎(1968)」の辻真先が脚色し、演出には西沢信孝と岡崎稔があたったNETテレビ系列放映作品の第三、第九話。

スタッフ

企画
江藤昌治飯島敬大沼克之
原作
赤塚不二夫
脚色
辻真先
演出
西沢信孝岡崎稔
作画監督
田島実国保誠
音楽
いずみたく
美術
楼井三郎
編集
鈴木寛

ストーリー

○デコッ八のもーれつ子分、江戸っ子八百屋のア太郎は喧嘩早いか働き者。その気っぷに惚れこんで、デコッ八は子分になることを勝手に宣言。店を手伝いはじめたのはよいが、喧嘩ばやくて失敗ばかり。だが自分のために一所懸命働くデコッ八の姿に、ア太郎は子分にしようと思った。○男の中のもーれつ男。お使いの途中、デコッ八はわんばく小僧に捕えられたネズミを助け店に連れ帰った。ところが、このネズミが店内の品を片っ端しから喰い荒した。それが因で、デコッ八は家出した。ア大郎はそんな彼を心配して、×五郎に行方を探させた。その頃、デコッ八は故郷に帰って、せっせと畑を耕していた。それは、弁償金を稼ぐためだった。○ア太郎もーれつ大誤解。デコッ八が配達から帰ったというのに、ア太郎は不機嫌な顔をして口をきかなかった。おまけに店を出て行けという。だが、デコッ八には、ア太郎の怒っている理由がわからなかった。その理由は、デコッ八と乾物屋のお花ちゃんとの仲を嫉妬した男が、デコッ八がア太郎の悪口を言いふらしていると告げ口したからだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。