日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

空飛ぶゆうれい船
ソラトブユウレイセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1969年07月30日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Flying Phantom ship  
上映時間
60分  

石森章太郎の原作「ゆうれい船」を「ゲゲゲの鬼太郎(1968)」の辻真先が脚色し、「魔法使いサリー(1967)」の池田宏が演出したSF長編漫画、東映動画第十六作。

スタッフ

製作
大川博
企画
関政次郎茂呂清一旗野義文
原作
石森章太郎
脚色
辻真先
演出
池田宏
作画監督
小田部羊一
音楽
小野崎孝輔
撮影
片山幸男
美術
土田勇
録音
波多野勲
編集
木村均

ストーリー

ある霧の夜、古めかしいゆうれい船が、豪華船やタンカーを襲って世界中を恐怖にまきこんだ。だが、不思議なことに、襲われた船は、いずれも黒汐コンツェルンに関係のあるものばかりだった。それから間もなく、ゆうれい船の使者と名乗るロボット・ゴーレムが現われ、平和な街々を破壊しはじめた。迎え撃つ国防軍は、近代兵器で応戦したが、壊滅的打撃を受け撤退せざるを得なかった。この戦いで父母を失った隼人少年は育ての両親に復讐を誓った。ある日隼人は愛犬ジャックを連れて敵を追ううち、黒汐会長の邸宅の地下に大兵器工場を発見し、大富豪の黒汐や国防長官がゴーレムをあやつっている悪の手先であることを知った。その背後には、地球征服を企む海底魔王ボアーがいた。それは隼人にとって強大すぎる敵だった。ボアーの人類に対する総攻撃が始まった。そして、隼人を危機から救ったのは、折りよく上空を通りかかったゆうれい船だった。このゆうれい船こそ、ボアーに対抗してつくられた超近代兵器だったのだ。そして、ドクロの面をかぶったゆうれい船の船長こそ行方不明になっていた隼人の実の父だった。だが、再会の喜びも束の間、船はボアーの最大攻撃目標になった。ゆうれい船は豪雨のように降りそそぐミサイル攻撃をかわし、やがて、海底深くにあるボアーの地下大基地を壊滅した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。