日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ブラック・コメディ ああ!馬鹿
ブラックコメディアアバカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年06月14日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

リチャード・スティガーの原作を「日本一の裏切り男」の須川栄三が、脚色、監督した異色喜劇。撮影は「フレッシュマン若大将」の相沢譲。

スタッフ

製作
金子正且
原作
リチャード・スティガー
脚色
須川栄三
監督
須川栄三
撮影
逢沢譲
音楽
真鍋理一郎
美術
本多好文
照明
平野清久
録音
矢野口文雄
スチル
秦大三
編集
黒岩義民

ストーリー

棟東ペイント総務係長の赤沢は、タイピストのテル子に結婚を申し込んで断られてしまった。実はテル子は常務・結城の二号なのだ。それを知らず課長昇進のコネのために結城のアパートを訪れた赤沢は、異様な雰囲気から二人の関係を感じて、その夜ヤケ酒を飲みベロン、ベロン。一方会社をやめマンションに囲われたテル子は、結城の目を盗んで大学生とデートしていたが、それが露見して、しかられた腹いせに狂言自殺。びっくりした結城は、ひょっこり姿を見せた赤沢にこれ幸いとぐったりしたテル子をあずけた。すべて出世のためと引受けた赤沢はテル子を医者のところへ連れて行く途中で、乗ったタクシーが衝突、テル子は完全に息をしなくなってしまった。それから赤沢はテル子をおぶって、あちこちさまよい歩いた末、廃ビルにたどりつき、落ちていた袋にテル子をブチ込んで逃げ帰った。翌日気になって仕方のない赤沢はまた現場へ戻り袋をかついで埋立地に行き、うずめてしまい、やれやれ、これで課長昇進も疑いなしとひと安心。ところが、人事発表の日、結城に裏切られた赤沢は警官や作業員の見守る中で袋を堀出してみると、中は自動車のチューブばかり。数日後、テル子が助かったとも知らず、気が狂った赤沢は“穴掘り魔”と呼ばれながら公園で黙々と穴を掘っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。