日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺たちの荒野
オレタチノコウヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年06月28日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

重森孝子が中井正の原案に基いてシナリオを執筆し、「年ごろ」の出目昌信が監督した青春もの。撮影は「コント55号 世紀の大弱点」の中井朝一が担当した。

スタッフ

製作
金子正且
原案
中井正
脚本
重森孝子
監督
出目昌伸
撮影
中井朝一
音楽
真鍋理一郎
美術
竹中和雄
照明
森弘充
録音
伴利也
スチール
石月美徳
編集
武田うめ

ストーリー

哲也と純は、集団就職で上京して以来の親友。野放図な哲也は渡米を夢みて稼ぐのに必死。バーのホステスのサチと同棲しながら昼は米軍基地に、夜はバーテンにと精力的に働いていた。一方自動車工場に働く純は、基地のわきにある小さな荒地に、自分の城を建てるんだという純朴な青年である。ある日、純はその荒地で由希と知り合った。両親のいない由希にとってもこの広場は、夢の城だった由希と純は広場ではしゃぎ夢を語りあった。そして哲也と共に三人でこの土地を手に入れようと約束した。やがて、純は由希に愛を感じ、由希もそれを受け入れようとした。だが純は愛を表現する術を知らなかった。哲也は、純の悩みを知って由希の家に乗込んだ。由希はかいがいしく甥の世話をしていた。その時から、哲也は彼女に郷愁に似た感情をいだくようになった。一方、哲也の素振りの変化に気づいたサチは、ヤクザを使って由希の体をうばおうとした。しかし、それは二人の間を深めさせたのみだった。哲也を忘れられないサチは、純に愛のはけ口を求めた。哲也は純から由希を奪ったうしろめたさと、純とサチの仲を知った気まずさから基地の中にこもってしまった。由希は土地代にするためのお金をもって、哲也を迎えに行った。やがて、陽光が、土地の匂いが三人を包む時が来た。だがその喜びも束の間、純が高圧線の中継塔から飛び降りて死んだ。荒地に一人佇ずむ哲也。彼の手から粉々になった純の骨が、花粉のように散っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。