日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

博徒百人
バクトヒャクニン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年05月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
One Hundred Gamblers  
上映時間
89分  

島村喬の原作を「やくざ渡り鳥 悪党稼業」の山崎巌と「残侠無情」の甲斐久尊が共同で脚色し、「鮮血の賭場」の野村孝が監督した任侠もの。撮影は同じく峰重義。

スタッフ

企画
森山幸晴
原作
島村橋
脚色
山崎巌甲斐久尊
監督
野村孝
撮影
峰重義
音楽
松浦三郎
美術
松井敏行
照明
三尾三郎
録音
秋野能伸
スチール
井本俊康
編集
鈴木晄

ストーリー

昭和の初期。九州一の大親分村井磯吉は、若松の縄張りを江頭、郷田の二人に分け与えた。だが、強欲な郷田は、江頭の縄張りを乗取ろうとしていた。そんな時、下関で加賀と阿部がもめごとを起こした。江頭の息子悟の留守中に、江頭が殺された。一方、下関に来た悟は、阿部に手打ちを迫ったが聞き入れられず、阿部を斬ってしまった。加賀の代貸秋枝は、幼ななじみの悟を四国に逃がした。悟が父の死を知ったのは四国で向山親分に会った時だった。悟は仇討ちを父の墓前に奪うと郷田を襲ったが、合法的な一味は彼を監獄につなぎ、執念深い郷田は、囚人労役場にまで悟を追い、彼をダイナマイトで殺そうとした。やがて、恩赦が決って悟は出所、彼を待ちわびていた秋枝と改めて兄弟の盃を交した。一方、悟の恋人加代は、芸者に身を落し、郷田の妾にされようとしていた。そんな、加代を救ったのは、彼女が探し求めていた、たった一人の兄政吉だった。それから数日、村井から、悟を跡めにするとの遺言状をもらった秋枝が郷田の子分に斬られて他界、村井も病死した。それから間もなく、郷田が総長賭博を開催した。その座に乗込んだ悟は、居並ぶ百人の大親分を前に、郷田の非をなじる啖呵をきった。そして、向山、寺前、斎賀親分らが見守る中で、堂々と宿敵郷田を斬った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。