日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野蛮人のネクタイ
ヤバンジンノネクタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年05月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

石原慎太郎の原作(読売新聞社刊)を「盲獣」の白坂依志夫が脚色し、「恋のつむじ風」の鍛冶昇が監督した、アクションもの。撮影はコンビの山崎善弘が担当。

スタッフ

企画
増井正武
原作
石原慎太郎
脚本
白坂依志夫
監督
鍛冶昇
撮影
山崎善弘
音楽
佐藤允彦
美術
坂口武玄
照明
高島正博
録音
片桐登司美
スチール
目黒祐司
編集
辻井正則

ストーリー

ゲンこと今村元三は、上流家庭に育ったが、いつしか学校へは出ず毎日のように遊び廻っていた。ある日、彼は男女の痴態がうずまく乱交パーティにもぐり込んだ。そして、そこで知合ったローゼを送りとどけた時に見た彼女の姉カオルの清純さは忘れることが出来なかった。それから数日、ふたたびパーティに出かけたゲンは、ボスの弟に間違えられ、組織に入りたがっている女や、欲求不満の人妻らと昼間からの情事を楽しんだ。そんなある日、別荘に匿っていたベトナム帰休兵が、礼状を残して発っていった。この事件は、ゲンの気分をしらけさせた。破廉恥な女遊びにあきたゲンの心にカオルのイメージがよみがえって来た。だから、カオルとのデートの時は、無我夢中だった。仲間からカオルの乱れた半面を教えられた時のショックは大きかった。仲間のアキは郷里に帰って結婚するという。「ガーンと体中でぶつかれるようなものってねえのかな、生き甲斐というやつが……」ゲンは、自分の心の中に広がる空虚さをどうすることも出来なかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。