日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

殺すまで追え 新宿25時
コロスマデオエシンジュクニジュウゴジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年04月12日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「めくらのお市物語 真赤な流れ鳥」の宮川一郎と「新宿育ち」の長谷和夫が脚本を共同執筆し、長谷和夫が監督したアクションもの。撮影は「恋の季節」の丸山恵司が担当。

スタッフ

製作
小角恒雄
脚本
宮川一郎長谷和夫
監督
長谷和夫
撮影
丸山恵司
音楽
鏑木創
美術
梅田千代夫
照明
八亀実
録音
平松時夫
編集
太田和夫
スチル
久保哲男

ストーリー

新宿署の刑事桧は、同僚安西の死に疑問を持っていた。しかし、坂上課長刑事や安西未亡人は、単なる自殺と決めつけ、真実をあばこうとする桧と対立していた。ある日、桧は安西と関係があった梨花を調べたが、その直後彼女は何者かによって殺された。安西の死にますます疑惑を深めた桧は、梨花の勤めていたクラブ・カトレアを捜査、事件の核心と思われる経営者の大滝に迫った。大滝は、桧を軽くあしらったものの、売春・密輪など悪事のばれることを恐れていた。そして情婦さとみを使っての色仕掛や殺し屋天童に命じた暗殺が失敗に終ると、桧に取引きを申しでた。それも拒絶された大滝は、すべての処理を坂上に頼んだ。その情報をさとみから知らされた桧は、大滝と坂上の関係をつきとめ、二人が安西を死に追いやったことを知った。桧は安西が遺書を残していると確信、早速未亡人の玲子を訪れた。やがてそこに同じ目的で坂上が現われ、夫の死を自殺と偽り遺書を金づるにしていた玲子との間に冷たい空気が流された。しかし、玲子は安西の復讐に燃える桧の執念には勝てず、ロッカーの鍵を投げだした。桧は、それを警察につきだすと、軽井沢へ逃避した大滝を追い決着をつけた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。