日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無頼・殺せ
ブライコロセブライバラセ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年03月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Killer Goro  
上映時間
85分  

藤田五郎の原作“或る舞力団幹部のドキュメント「無頼」より”(南北社刊)を「無頼黒匕首」の池上金男と「野獣を消せ」の永原秀一が共同脚色し、小沢啓一が監督したシリーズ第六作。撮影は高村倉太郎。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
藤田五郎
脚色
池上金男永原秀一
監督
小沢啓一
撮影
高村倉太郎
音楽
坂田晃一
美術
川原資三
照明
熊谷秀夫
録音
福島信雅
スチル
荻野昇
編集
井上治

ストーリー

藤川五郎が京浜のある工業都市へ来た時、街には不穏な空気が漂っていた。入江崎一家と関東東友会が縄張り争いをしていたのだ。五郎は、そんな雰囲気の中で、浅野弓子を東友会のチンピラから救い、引続いて入江崎の若い者をも助けた。五郎が入江崎の代貸守山と再会したのは、そんな折だった。二人は、六年前刑務所で知合った仲で、その日から五郎は、守山家へ居候することになった。そして、弓子が守山の妻美奈子の妹と知って驚くのだった。それから三日後、入江崎のシマに、「関東東友会京浜支部」の看板がかかった。守山は、この始末の相談に東京へ出かけたが、若者頭の加世田は東友会会長剣持に組の動きを密告していた。そんな折、組の若者勲が、剣持らの短刀に、倒れた。守山は、東友会の悪辣な仕打ちに復讐を誓った。殴込みは、入江崎一家の大勝利に終ったが、五郎は流れ弾を足に受け負傷してしまった。その頃、東京の鶴岡親分が両者の手打ちを買って出た。だが、守山は剣持の不意打ちに会い、守山を失った入江崎一家は、東友会の殴込みに無抵抗のまま斬られていった。五郎が、ゴーゴー喫茶で気炎をあげる剣持を襲い、守山らの復讐をとげたのはそれから間もなくのこと、仇をうって立去る五郎の顔はいつになく輝いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。