日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女賭博師さいころ化粧
オンナトバクシサイコロゲショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年02月08日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「女賭博師奥ノ院開帳」の石松愛弘と井上芳夫が共同で脚本を執筆し、井上がメガホンをとったシリーズ第十二作。撮影はコンビを組んだ中川芳久。

スタッフ

企画
原田光夫
脚本
石松愛弘井上芳夫
監督
井上芳夫
音楽
鏑木創
美術
高橋康一
照明
泉正蔵
録音
高橋温生
スチル
椎名勇
編集
中静達治

ストーリー

大滝銀子の父辰造は、イカサマ賽を使ったということで一命を落した。その時の相手は、緋桜のお秋、イカサマをあばいたのは木壷の半次だった。それ以来、辰造の親分三田村は、子分には逃げられ、縄張は新興ヤクザの風間に荒され苦境に立っていた。その結果、三田村によって仕切られる野狐半次供養盆もあやぶまれていた。銀子は、父のイカサマを信じられず、真相究明の旅に出た。父に負けない壷ふりを志す銀子は、辰造の最後の相手だったお秋の壷さばき、札さばきを観察した。そんなある日、お秋は、しつこくつきまとう銀子を捕え、真情を吐かせようとした。だが、銀子は自分が辰造の娘であることを隠し、お秋の弟子入りを果したのだった。その日から、銀子はお秋に従い、お秋の賭場で中盆をつとめ、コンビの名は他にも知れわたった。その頃、風間は野狐一家の供養盆を三田村に変って仕切り、名実ともに日本一の親分になろうと画策していた。そんな折、なき辰造の一の弟子政吉が出所してきた。しかし、名胴師政吉は風間らによって殺され、三田村は胴師に急きょお秋を配し野狐盆に挑んだ。盆は慎重に進められたが、またしても木壷の半次から「待った」の声がかかった。お秋も逆イカサマにかけられてしまったのだ。お秋の最後をみとどけた銀子は、厳しい修行を積み、やがて半次の巧妙な逆イカサマを鋭く見破るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。