日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

謝国権「愛」より (秘)性と生活
シャコクケンアイヨリマルヒセイトセイカツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1969年02月11日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
Sex and Life  
上映時間
84分  

謝国権の原作、「愛(ラブ)」(池田書店版)を「積木の箱」の池田一朗が脚色し、「命かれても」鷹森立一がメガホンをとった風俗もの。撮影は「ごろつき」の飯村雅彦が担当。

スタッフ

企画
扇沢要
原作
謝国権
脚色
池田一朗
監督
鷹森立一
撮影
飯村雅彦
音楽
河辺公一
美術
江野慎一
照明
梅谷茂
録音
広上益弘
編集
田中修
スチル
丸川忠士

ストーリー

湘南のある町で、産婦人科の診療所を開業する三上と息子一男は、殺到する妙な患者の治療に多忙だった。ある日、三九歳のグラマー花子が訪れた。彼女は夫との交渉に不満だったが、三上は夫が疲労しないような性態位を解説するのだった。町子は昼間にだけ、夫から求められる女だった。一男は、そんな町子に寝化粧を勧めるのだった。同居の母に対する恐怖心から、車の中でしか交渉を持てない女がいた。黒田と清子の夫婦だった。二人は家を新築したが思うような性交渉を、結べなかった。相談を受けた三上は、ガレージの使用をすすめ、漸次家の中にその場所を移すよう指導した。島田夫婦が喧嘩の仲裁を頼みにやって来た。島田は、性交渉時に女は失神するという雑誌記事を読み、妻を不感症と決めつけていた。三上は、失神はヒステリー症に多いと説明するのだった。安田老人が新婚早々の息子夫婦の顔色がさえないと相談に来た。安田家を訪れた三上は、夫婦のいとなみの振動が隣室の部屋の装飾を呼らすのに気づき、それを除けば、ノイローゼは解消すると述べた。年頃なのに、女に興味を時たない息子を心配して八木容子が訪れた。下半身麻痺による勃起不全と診断した一男は、正一にヌード写真や女性のパンティの勾いを嗅がせ、精液をとることに成功し、正常であることを確認した。治療にかかった一男は、ホルモン注射をし、ストリップを見せ、おさわりバーで女に触れさせ、正一の機能復活に尽力した。やがて、正一は風俗嬢によって男になったのだった。一男は、開業医としての毎日に疑問を持っていたが、やがて東京の大病院へ戻ることを諦め、一生をホームドクターとして生きることを決意するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。