日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

秘録おんな寺
ヒロクオンナデラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年01月25日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Secrets of a Women's Temple  
上映時間
79分  

「続・秘録おんな牢」の浅井昭三郎がシナリオを執筆し、「兵隊やくざ強奪」の田中徳三が監督した風俗もの。撮影は「続・秘録おんな牢」の牧浦地志。

スタッフ

企画
財前定生
脚本
浅井昭三郎
監督
田中徳三
撮影
牧浦地志
音楽
鏑木創
美術
西岡善信
照明
伊藤貞一
録音
奥村雅弘
スチル
都筑輝孝
編集
山田弘

ストーリー

江戸根岸の芳照寺に、町娘お春が駈け込んで来た。お春は罪亡ぼしのために尼を志願したと言ったが、本心はこの寺の門跡紫月院を兄の仇と狙ってのことだった。この紫月院は、異常性格者でその乱行は、お春の目をおおわせた。お春の寺入りの式は、壮厳でも厳粛でもなかった。お春は全裸にされ、尼僧全員の見守る中で、阿弥陀仏と夫婦の契りを結ばされる始末だった。その時、寺内は地位をめぐっての派閥争いがあり、尼僧同士の同性愛があり、地獄さながらの罪業のるつぼと化していた。やがて、お春は先輩の尼を同性愛じかけでまるめこみ紫月院に近づいていった。そして、お春は兄の死の顛末を明記した寺日誌をつきつけ、紫月院に挑んだ。が、揉みあううちに二人は燭台を倒し尼寺芳照寺は真赤な炎の中に消失した。それは、宝暦八年一月二十四日のことだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。