日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

出獄四十八時間
シュツゴクヨンジュウハチジカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年02月08日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「座頭市喧嘩太鼓」の吉田哲郎がシナリオを執筆し、「秘録おんな蔵」の森一生がメガホンをとったアクションもの。撮影は「座頭市果し状」の宮川一夫が担当した。

スタッフ

企画
八尋大和
脚本
吉田哲郎
監督
森一生
撮影
宮川一夫
音楽
池野成
美術
太田誠一
照明
中岡源権
録音
林土太郎
スチール
大谷栄一
編集
谷口登司夫

ストーリー

服役を終えた元刑事五郎は、自分に無実の罪を着せた暴力団組長久住が、四十八時間後に拳銃密輸をすると、かつての同僚加山刑事から知らされた。復讐の念を燃やす五郎は、不良船員から拳銃を買うと久住を追って波止場や盛り場をさまよった。やがて、五郎は自分に不利な偽証をした浜本を追求したが、真相はつかめなかった。浜本と久住の関係をハレンチ娘まゆみから聞いた五郎は、浜本の後をつけた。だが、五郎が発見したのは浜本の死体だった。五郎は、父を気づかって追って来た景子に殺人犯と誤解され、不利な立場に追い込まれた。刻々と時が過ぎ五郎は焦った。加山はそんな五郎に、久住は俺に任せろ、と説得するのだった。時間に追われる五郎は、加山の説得をはねのけ、非常手段に出た。幼女千恵を人質に佐川をおびき出し、久住の行方を詰問した。しかし、その佐川も疾走して来たダンプにひき殺されてしまった。五郎の行動を探っていた景子は、佐川の悲鳴を聞き、五郎を犯人と警察へ急報した。警察の非常線を縫い、久住組に迫ろうとする五郎は、途中、久住に連絡をとっている加山を見て愕然とした。親友の裏切りに怒った五郎は加山を追求したが、加山は久住の居所を告げると、自殺してしまった。加山の自白から、一部始終を知った景子は、五郎に詫びた。やがて、非常線を突破した五郎は、恨みの銃弾を久住に浴びせるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。