日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを
ザテンプターズナミダノアトニホホエミヲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年03月29日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「お熱い休暇」の池田一朗がシナリオを執筆し、内川清一郎が監督した歌謡もの。撮影は「にっぽん親不孝時代」の黒田徳三が担当した。

スタッフ

製作
佐藤一郎椎野英之
脚本
池田一朗
監督
内川清一郎
撮影
黒田徳三
音楽
池野成
美術
小島基司
照明
今泉千仭
録音
長岡憲治
スチール
中山章
編集
広瀬千鶴

ストーリー

健一は、母久子の勤めるマーケットでアルバイトをしながら楽しい日々を送っていたが、一つだけ心配なことがあった。可愛がっていた鳩が病気にかかってしまったのだ。同級生昇は、健一を名医の紹介を条件に、文化祭の歌謡もの真似コンクールに出場させた。健一は見事に優勝。しかし健一は、これを根に持った学生ボスに鳩を殺され意気消沈。スーパーの顧客浅田夫人の女中美香は、そんな健一に心を痛めていた。神秘的なムードを持つ美香は、神様により、不思議な魔力を授かっていた。由治や美香は、音楽好きの昇、俊夫、広司を集めグループ・サウンズを誕生させた。久子は大反対したものの、美香の魔法にかかってはどうしようもなかった。見違えるように明るくなった健一。マーケットも若者たちの唄に明るくなった。ところが、花枝支配人は、久子を含め健一たらをクビにしてしまった。久子は、昇の父親で経営者の皿井に解雇の撤廃を要求した。皿井は久子に想いを寄せていた。そんな折り皿井は、久子にラブレターを送り、彼女の怒りをかっていた。昇は、親友健一の母と父親の結婚話を聞いて喜んだ。しかし、健一にはショックだった。家出した健一に、若ものたちは着き従った。一方、久子や皿井は大あわて。必死に彼らを連戻すのだった。やがて、健一は自分が久子の実の子でないことを知った。やがて、健一は自分を育ててくれた久子の幸せを祈り、皿井との結婚を祝福するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。