日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春の鐘
セイシュンノカネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年01月11日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「昭和元禄 TOKYO196X年」の倉本聰がシナリオを執筆し、「禁断の果実」の鍛冶昇が監督した青春もの。撮影は「BG・ある19才の日記 あげてよかった!」の萩原憲治。

スタッフ

企画
増井正武
脚本
倉本聰
監督
鍛冶昇
撮影
萩原憲治
音楽
池田正義
美術
千葉一彦
照明
河野愛三
録音
神保小四郎
スチール
浅石靖
編集
辻井正則

ストーリー

東大生の村瀬正吉は、小学生の家庭教師として名門依田家に招かれた。一家中がエリートの依田家では、春夫がガリ勉を強いられ意気消沈していた。正吉は、教育ママに反対し、春夫と一緒にマラソンをしたり、相撲をとったりの珍指導ぶりで一家を唖然とさせてしまった。春夫の姉久美子は明るく勇気づける野放図な正吉にいつしか心をひかれていった。そして、両親が決めた合田との縁談に悩むのだった。一方、依田の秘書をつとめ、頭はきれるが傲慢な態度むきだしの合田は、久美子の感情を素早く、キャッチし次第にあせりの色を見せはじめた。そして、クリスマスの夜、合田が久美子に箱根への一泊旅行を誘いかけ、二人の溝はますます深まった。そんな久美子をみて、母の宗子は、正吉に家庭教師に専念し、娘とは一線を画すよう要求した。その代り一流新聞社への就職を世話するとのことだった。正月が来た。正吉は、兄正一が郷土発展のために尽している長岡へ帰った。正一は、建築業のかたわら、若人の心の支えにたってほしいと“青春の鐘”を造っていた。兄のはげしい情熱にうたれた正吉は東京での就職を断念し、長岡に骨を埋める覚悟を決めた。折りしも、春夫と共にスキーに招かれていた久美子は、正吉の意見に大賛成。お目付役として同行した合田は、二人の様子をにがにがしく眺るのだった。やがて、久美子は楽しい思い出を残して帰っていった。だが、長岡での久美子の行動を合田から聞いた宗子は、強引に結納を交わしてしまった。そして、正吉は家庭教師をクビになってしまった。久美子は母の卑劣な態度に怒り、両親を説得し、婚約の解消をさせた。それから間もなく、長岡で“青春の鐘”の除幕式が行なわれた。そこには、正吉と久美子の姿があった。そして、二人の将来を祝福するかのように、鐘の音が鳴り渡っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。