日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

華やかな女豹
ハナヤカナメヒョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月31日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「やくざ非情史 血の盃」の中西隆三と、加藤彰が脚本を共同執筆し、「夜をひらく 女の市場」の江崎実生が監督した女性もの。撮影は、同作の姫田真佐久が担当。

スタッフ

企画
山野井正則浅野正孝矢田部俊幸
脚本
中西隆三加藤彰
監督
江崎実生
撮影
姫田真佐久
音楽
坂田晃一
美術
坂口武玄
照明
岩木保夫
録音
米津次男
スチール
目黒祐司
編集
鈴木晃

ストーリー

パリ。藤島杏子は、清宮秀明から母への手紙を受取った。一人娘の令子の後見人になって欲しいという内容だった。杏子の母はすでに亡くなり杏子は母の心の恋人だった秀明の娘に逢いに東京に帰った。秀明も手紙を出した後、亡くなって、令子は、父の弟子達に囲まれて幸せだった。杏子は、その青年たちに近づいた。テスト・ドライバーの生田、現代学生の片岡、抽象彫刻家の金丸、陶芸を志す滝口、青年たちは、皆杏子に惹かれた。そんな頃、杏子の恋人福永敬次がパリから帰国した。突然帰国した杏子の態度が解せず、後を追って来たのだ。そして、杏子の友人シモーヌ・三木と共に杏子をなじった。しかし杏子は、悪徳画商から騙されそうな令子を、かげながら敬次とそれを防いだ。その時、令子は敬次の大人の男の頼もしさに惹かれた。令子は敬次と箱根にある彼の別荘に泊った。それを知った杏子は、別れを告げに、二人を訪ねたが、敬次は居ず、令子は、敬次の愛している人は自分ではないと語り、杏子は安緒した。一方、令子の許へ急いだ金丸と生田は、事故を起して重傷を負い、金丸の車に同乗した滝口も負傷した。病院へ駈けつけた令子は、滝口の無事な姿に涙を流した。やがて令子は、シモーヌから、杏子と令子は姉妹だっだと聞き、茫然とした。杏子は遂にそれを告げずに、令子の前から姿を消したのだった。横浜を出航する豪華客船P・W号で、杏子と敬次の心はやっと結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。