日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ぷりてぃ・ウーマン(2003)
プリティウーマン

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

実在するおばあちゃん劇団をモデルに、芝居に第二の人生を見出した老女たちの奮闘ぶりを活写したコメディ。監督は「ショムニ」の渡邊孝好。脚色は「ダンボールハウスガール」の高橋美幸と「OL忠臣蔵」の真崎慎の共同。撮影を「月のあかり」の安田圭が担当している。主演は「狗神」の淡路恵子と「13階段」の西田尚美。

スタッフ

企画
鈴木光
製作
鈴木光
監督
渡邊孝好
脚色
高橋美幸真崎慎
プロデューサー
藤田義則原田文宏渡辺正子
撮影
安田圭
照明
金沢正夫
録音
宮本久幸
美術
金田克美
編集
奥原茂
音楽
佐橋俊彦
音楽プロデューサー
長崎行男
宣伝
B-Wing

ストーリー

日がな一日、町の集会所で暇をつぶしている老人会“ともしび会”のリーダー的存在である葵(淡路恵子)は、市民サークルの発表会で芝居をやることを決意。仲間の梅子、幾代、ジェーン、琴江、小夜、頼子と共に“劇団ともしび”を発足させると、東京で挫折して里帰りしていたシナリオライターの孫娘・加奈子(西田尚美)の鞄の中から見つけたシナリオ『夕空、晴れて』を勝手に持ち出した上、強引に加奈子を巻き込んで演出までさせる。ところが、芝居に関して全くの素人である7人は科白覚えが悪く、演技もなかなか上達しない。しかも、主役を務めていた梅子が稽古中に倒れ、還らぬ人となってしまった。この事態に、事故の再発を恐れた市役所の福祉課課長・鮫島は公演中止を言い渡すが、それでは梅子の魂が浮かばれない。葵たちは、一回だけの公演を条件に稽古を続行。そして、いよいよ公演当日。梅子に代わって加奈子が主演を務めた劇団ともしびの旗揚げ&解散公演は、大成功のうちに幕が下ろされた……が、その直後、自信をつけた葵は“劇団ほのお”の旗揚げを宣言するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。