日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悪名一番勝負
アクミョウイチバンショウブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月27日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

今東光の原作を、「日本残侠伝」のマキノ雅弘と「刺客列伝」の宮川一郎が共同脚色し、マキノが監督したシリーズ第十五作。撮影は「刑務所破り」の今井ひろしが担当。

スタッフ

企画
早川雅浩
原作
今東光
脚色
マキノ雅弘宮川一郎
監督
マキノ雅弘
撮影
今井ひろし
音楽
鏑木創
美術
加藤茂
照明
山下礼二郎
録音
海原幸夫
スチル
都筑輝孝
編集
菅沼完二

ストーリー

朝吉は、大西の賭場で暴れ、長屋の住人たちの用心棒になった。そこへ放れ駒の政吉が旅から帰ってきた。朝吉は、大西の賭場で負けた。旅の女賭博師おりんが、いかさまを見破って金を返したが、朝吉は受け取らなかった。大西は、花島の縄張りに新設される貨物の停車場の荷役の権利を狙って、関西鉄道の島田常務を抱き込み、花島を潰すため朝吉を子分にしようとしたが、朝吉は断わった。花島卯之助は渡世のことは何も知らず、代貸の白石が組を仕切っていた。白石も大西へ色目を使っていて、花島の女房お妙だけが気をもんでいた。遂に長屋の測量を始めたので、住人たちは騒然となった。その頃朝吉は、河内の親分河徳を訪ねて助力を頼んでいた。朝吉に心を寄せるやとなのお浜は、長屋を救うため、大西の女になる決心をしたが、なぜかおりんが助けた。そんな折、朝吉の弟分仙次がトラックにひかれて川に流された。それを見舞った花島は帰途、大西の許を訪ね、話をつけようとしたが、白石に斬られた。それを知った政吉は、殴り込みをかけたが、古傷の眼が痛みだし、何も見えず、大西の子分に斬り殺された。怒った朝吉は長屋を飛びだしたが、おりんが立ちはだかり、朝吉を傷つけて止めた。しかし、朝吉は傷をおさえ、大西の家に乗り込み、白石を斬り、大西を追いつめると長屋の連中のために誓約書を書かせた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。