日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

巨人の星 行け行け飛雄馬
キョジンノホシユケユケヒュウマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1969年12月20日 
製作会社
東京ムービー 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

梶原一騎、川崎のぼるの原作(週刊少年マガジン)を長浜忠夫、松岡清治、佐脇徹、斎藤次郎、山崎晴哉が脚色し、長浜が演出した長編カラー動画。

スタッフ

製作
東京ムービー東宝
原作
梶原一騎川崎のぼる
脚色
長浜忠夫松岡清治佐脇徹斎藤次郎山崎晴哉
演出
長浜忠夫
作画監督
楠部大吉郎
撮影
清水達正
音楽
渡辺岳夫
美術
影山勇
録音
三浦千春
編集
井上和夫
ナレーション
小林恭治

ストーリー

真夏の甲子園球場。星飛雄馬の左腕は、優勝候補の熊本農林高校を破ったものの、決勝戦で紅洋高校の花形のバットに敗けた。それは、負傷を秘しての出場がたたってのことだった。そんな飛雄馬を巨人を除く全球団が最高額を提示し入団交渉をした。が、飛雄馬は意中の巨人を志望、公募テストを受けることにした。テスト生は三百名。だが最後の関門に到達したのは、宙太と陸上界のホープ速見それに飛雄馬だった。不利な打力テストで堀内から必死の安打を奪った投手飛雄馬は、続いて速見と対決させられた。速見の俊足はバントに絶対の成功率を誇っている。飛雄馬は豪速球で打ちとるより他なかった。だが、巧妙な速見のかけひきは飛雄馬を動揺させ、バントを許してしまった。誰もが成功を予想した次の瞬間、飛雄馬の送球が速見の後頭部をめがけて飛んだ。暴投と思えたそれは、父一徹がそのために巨人を追われた魔送球だった。送球は速見の近くで急カーブ、一塁手のミットに吸いこまれた。やがて、川上監督の凛とした声が響き渡った。「正式合格者星飛雄馬!魔送球は邪道だが星には未来がある。魔送球は、この場を限りとする……」と。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。